KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

ジリジリ、フリンジ。

足かけ約1年?ジリジリと見続け、ようやくFRINGEの第1シーズンを見終わりました~。
c0029281_17545310.jpg

製作総指揮は、「エイリアス」「LOST」を世に送り出したヒットメーカー、J・J・エイブラムス。フリンジ・サイエンス=エセ科学とでも言うんでしょうか?テレポーテーションとかサイコキネシスとか、”壮大な胡散臭さ”が面白かったりするんですが、時折映像がグロくてなかなか進まなかった(笑)。それでも何とか最後まで見終えることができたのは、もう一人のJ・J、ジョシュア・ジャクソン(ピーター・ビショップ役)が出ていたから(笑)。「ドーソンズ・クリーク」のペイシー好きだったんですよねー。あの頃に比べると、すっかり精悍&スリムになってさらにかっこよくなりました!ピーターのキャラ的にも大人になったペイシーっぽい?(相変わらず父親との確執抱えてるし・・)

その他、たくましいヒロイン=オリビア・ダナムを演じるアナ・トーヴもきれいでかっこいい。ケイト・ブランシェットに雰囲気が似ているなと思ったら、ケイトと同じくオーストラリア出身なんですね。天才科学者であり変人(?)でもあるウォルター・ビショップ(ピーターの父親)を演じるジョン・ノーブルもオーストラリア出身。エセ科学の現実離れしたSF的世界もさることながら、オリビア、ピーター、ビショップ博士を中心とするフリンジ・チームの人間関係(特にビショップ父子)も見所の一つかな。

海外ドラマのお約束で、最終回のラストはクリフ・ハンガー=続きが気になってしようがない終わり方。というか、ウィリアム・ベルが「スター・トレック」のスポック船長でびっくりした(笑)。「LOST」でも別の世界が描かれていましたが、「FRINGE」にも「もうひとつの世界」がありそうですね(J・J・エイブラムスはこういうの好きなんだな)。いろいろ伏線&謎がちりばめられている作品なので、第2シーズンもいそがず、まったりと(笑)フリンジ鑑賞していきたいと思います。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-05-08 20:18 | テレビ・映画