KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

高野山(その5)。

壇上伽藍とともに高野山二大聖地と言われる奥の院。弘法大師御廟まで約2km続く参道沿いにそびえる杉木立が夏の日差しをしばし遮ってくれました。

c0029281_19311475.jpg

一の橋を渡り、より鬱蒼とした杉林の中に足を踏み入れると、歴史上の人物のお墓&供養塔がズラリと並びます。特に、武田信玄vs上杉謙信、織田信長vs明智光秀、浅野内匠頭+赤穂浪士vs吉良上野介etc.かつて敵対関係にあった人々が同じ地で仲良く(?)供養されていることが非常に興味深いです。高野山は真言宗の大本山でありながらも、敵味方・宗派・身分など分け隔てなく懐深く受け入れる、ニュートラルな聖地なんですね。

c0029281_2125312.jpg

御廟の橋(みみょうのはし)を渡ると、いまだ空海が生き続けていると言われる弘法大師御廟へ。古寺&仏像鑑賞が趣味とはいえ、普段全く信仰心のないKUNSANですが、このエリアに満ちているスピリチュアルな気のせいで、思わず背筋もピンとなりました。

シーズン的にお盆が近かったというのもありますが、驚いたのは高野山を訪れる人が思いの外多かったということ。車のナンバーを見ても関西を中心に日本全国から集っている感じ。まるで、高野山はホトケのテーマパーク!。まもなく開創1200年がたとうとしているのに、今もなお、携帯の電波も通じないような山奥に人々をいざなう高野山の魅力。テーマパークのいわばプロデューサーである空海、言い伝え通り今も御廟の中で生きているとしたら、「してやったり!」な気分で訪れる人たちを眺めているのかな?・・・。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-27 23:39 | ★仏像&古寺★