KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

髑髏城の七人。

c0029281_19285033.jpg

劇団☆新感線「髑髏城の七人」@青山劇場を観てきました~。若干上手寄りではありましたが、前から5列目。出演者のしたたる汗までもがはっきり見える良い席で”いのうえ歌舞伎”の迫力を体感してきました!

「髑髏城の七人」は、1990年の初演以来、1997年、2004年、そして今回と7年ごとの上演を繰り返している新感線の代表作。しかし、今回は新感線の看板俳優=古田新太氏、橋本じゅん氏は抜きで、小栗旬、森山未來といった若手客演陣を劇団員が支えるワカドクロ。ちなみに過去作のDVDもリリースされています。さすがに「ドクロBOX」には手が出ませんが、古田氏の「アカドクロ」が見てみたいな~。

ストーリー的には、「弱くてもチームワークでボスキャラを倒す」という非常に分かりやすい勧善懲悪もの。扮装的には「スターウォーズ」、世代的には「ドラゴンボール」、それから最近では古田氏も出演していた「十三人の刺客」を思い起こさせました。前回の新感線観劇はネタモノの「鋼鉄番長」(「鋼鉄番長。」参照)だったので、今回はギャグがほとんどない&結構血生臭いシーンが多くて驚きました。新感線はいろいろな引き出しを持っているんですね~。




以前の「髑髏城」では捨之介と天魔王が一人二役(それも古田氏を休憩させないため、というのが笑える)でしたが、今回は捨之介=小栗旬、天魔王=森山未來の二人が分けて演じます。小栗旬くんはこれが初めての新感線出演なんですね(ちょっと意外かも)。特別好きな俳優というわけではありませんでしたが、最近は「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」の村長にハマってます(笑)。内容と関係ありませんが、顔ちっさい!百人斬りの場面は一生懸命頑張ってるな~という感じですが(笑)、体格がいいので動きがダイナミックに見えますね。7年後、ちょっと渋くなった”小栗捨之介”も是非も見てみたい! 

そして森山未來くん。生の舞台で見るのは初めてですが、すでに「五右衛門ロック」「メタルマクベス」をDVDで見てるので、今回のダースベイダー・・じゃなくて天魔王役もあまり違和感は感じなかったです。前2作も王子とはいえ、どこか屈折しているような役だったし・・。ちょうど観劇前夜の「A-studio」に出演しているのを見ていましたが、普段はシャープな舞台姿とは違う好青年なんですね。

捨之介、天魔王と浅からぬ縁を持つ無界屋蘭兵衛には早乙女太一くん。太一くんもゲキ×シネ「蛮幽鬼」「蛮幽鬼。」参照)でチェック済みですが、今回あの見事な殺陣(特に天魔王とのガチンコ勝負)をライブで見られて感動しました。森山未來くんの殺陣はダンスのようですが、太一くんの殺陣は場合は舞ですな。それにしても、まだ10代とは思えないような貫禄。仲里依紗ちゃんより年下とは驚きました。

かつて橋本じゅんさんが演じていた抜かずの兵庫には勝地涼くん。確か蜷川さん演出の「ムサシ」で小栗くんの後を受けて小次郎役を演じていましたよね。兵庫のテンションで芝居の雰囲気が変わってしまうのでは?と思うような重要な役でしたが、さすが新感線3度目の出演(これで準劇団員?)ということで堂々としていました。古田氏から「百人斬りのシーンで鍵を握る」と言われていましたが、なくさないでちゃんと鍵を締めてましたね(笑)。

舞台経験豊富な男性客演陣に比べると、女性客演陣はやはり不慣れな感じ?でも二人とも演じる役に普段のキャラが合ってましたね。特に小池栄子ちゃんは冒頭の極楽太夫の時よりファイトシーンの方が生き生きしてました。最後のあの意表を突く攻撃に、ふと「薔薇サム」のマローネを思い出したりして(笑)。仲里依紗ちゃんは、ドラマなどでの元気で型破りな役が印象的。若い女優さんに珍しく、昔ながらの「根性」を感じさせる人です。なので、さらに経験を積めば舞台でも面白い役者になるような期待感を抱かせますね。

そして最後に劇団員の方々。若い客演陣を迎えながらも「髑髏城の七人」が成立するのは、劇団員がいるからこそ。個人的には聖子さんファンなので、最初に「無界の里」で従業員(?)のお婆さん役で出ているシーンから釘付けでした。贋鉄斉も可愛いかった(笑)。以前は気付きませんでしたが、舞台の近くから見ると聖子さんてすごく華奢なんですね。刀を鍛えるために振り上げた腕がすごく細かったです。粟根さんは今回ちょっと役不足だったかな。ニコ動を見に行ったら、以前の作品では蘭兵衛を演じてたんですね。それから過去の「髑髏城」にオール出演という「ミス髑髏城」のカナコさん。小池さんとの対決(?)が面白かったです。カナコさんの声って素敵ですよね。SKOMBだけでなく、いつか舞台(Rシリーズ?)でも歌声を聞かせてほしいです。その他、狂気な表情がマジで怖かった右近さん、期待を裏切らない(?)裏切り役のサンボさん(河野さん)、スーパー百姓の礒平さん(礒野さん)などなど、やっぱり劇団☆新感線は面白い!

青山劇場は今回が初めてだったんですが、あそこは元々八百屋舞台なんでしょうか?それとも今回の公演だけ?いずれにしてもビミョーな傾斜があるところで激しいアクションがあるのは腰に悪そう・・(ヘルニア持ちなので、ついついそういう視点で見てしまいます・・)。今回ゲットしたグッズは、パンフとサントラCD。パンフはでかいだけあって読み応えあります。特に「小栗旬×古田新太」「森山未來×市川染五郎」の新旧対談が面白かったです。もし7年後、「髑髏城の七人」の再演があるのなら、この4人での共演も面白いかも・・。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-09-20 23:19 | 演劇・ミュージカル