KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

モトウタ(その5)。

※ 多少ネタバレあります。

「glee」のパフォーマンスのオリジナル、いわゆる「モトウタ」をKUNSANの独断と偏見と好みでピックアップするシリーズも今回で5回目!(せっかくなので、「gleeモトウタ」タグを付けてみました。)

昨夜からNHKのEテレで第1シーズンの放送がスタートし(秋からは第2シーズンも放送決定!)、「glee」人気がさらに拡大していきそうな予感。そして本国の方でも、しばらく中断していた第3シーズンが今週からようやく再開!あのクリフハンガーの行方は!?、そして卒業を迎えるニューディレクションズメンバーの進路は!?シリーズファイナルに向けていろいろ気になるところです。

今回は、そんな第1&3シーズンからではなく(笑)、第2シーズン第18話「Born This Way」から。この回はストーリー的にも、そしてパフォーマンス的にも第2シーズンの中では一番好きかも。中でも、イジメに遭ってしばらく転校していたカートがマッキンリーに戻ってくるシーンで、ブレイン率いるウォブラーズが唄うこの曲が非常に感動的です!(「glee」版はこちら



「Somewhere Only We Know」 by Keane

Keaneは、イギリスの三人組ロックバンド。この「Somewhere Only We Know」が収録されたアルバム「Hopes And Fears」(2004)はデビューアルバムながら全英1位を獲得。メロディアスな中にも骨太な音を出すイギリスらしい(?)バンドというイメージ。来月には、ニューアルバム「Strangeland」も発売予定です。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-04-08 20:22 | テレビ・映画