KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

小浜見仏(その2)。

さて、小浜見仏スタート。小浜にはとても半日では回りきれないほどの名刹&名仏があるので、今回は「新TV見仏記(福井・小浜編)」を見て、特に興味深いと思ったお寺を優先的に回ってきました。まずは、真言宗御室派 明通寺から。

c0029281_20275755.jpg
鎌倉時代建立の本堂(国宝)。最近屋根の檜皮葺替工事が完了したばかり


c0029281_20281482.jpg
本堂からちょっと見上げれば美しい三重塔(国宝)

創建が坂上田村麻呂と伝えられている点だけでも十分興味深いのですが、このお寺の一番のへぇ~なポイントは、本尊=薬師如来(重文)の脇侍が、降三世明王(重文)と深沙大将(重文)だというところ(一般的に薬師如来の脇侍は日光&月光菩薩。いわゆるお医者さんと看護士の組み合わせ)。特に深沙大将の彫像はあまり数はないはず。直近で深沙大将像を見たのは、去年の8月に訪れた高野山にて(「高野山(その1)。」参照)。最近、国重文に新指定されたばかりで、現在霊宝館で公開中(来年3月まで)とのこと。明通寺の降三世明王立像と深沙大将立像は一木造。そばで見ると大きくて、分厚くて、元はどれだけの大木だったんだろうと感心しました。

ちなみに、福井県にある国宝(2件)は、2件とも明通寺(本堂、三重塔)です。かつて文化財保護の仕事をかじっていたので、国宝を持つことのご苦労、さぞかし大変なことだろう(特に地方の寺院では)とお察しします。。。ということで、わずかながら維持のための一助となればと思い、だるまおみくじ(300円)を購入。だるまは何種類かあったのですが、まゆげ(?)が星一徹みたいだったこれにしました(笑)。ちなみにおみくじの結果は「小吉」でしたが、「思ったように物事が運ばない」とか・・まさにKUNSANの現状を言い当てられて縁起が悪かったので(笑)、結びの塔に結んで帰ってきました。

c0029281_21104580.jpg

(その3につづく。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-27 21:26 | ★仏像&古寺★