KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

小浜見仏(その4)。

小浜見仏、最後に訪れたのは妙楽寺

c0029281_17421094.jpg

719年に行基が開創、797年に空海が再興したと伝えられています。もちろん高野山真言宗で山号は岩屋山。本堂(重文)は鎌倉時代初期の建立で、厨子の銘によれば、若狭における最古の建造物とのこと。

ご本尊は木造千手観音菩薩立像(重文)。檜の一木造りで伝行基作。これも新TV見仏記で見て非常に印象的だったんですけど、本面の左右に脇面があって(三面千手)、合計すると二十四面もお持ちの千手観音。さすがの重厚感に圧倒されました。仏像の例えとしては不適切かもしれませんが、この重厚感&安定感はガンダムのガンタンクを思い起こしました(笑)。その他、地蔵堂の木造地蔵菩薩坐像(伝恵心僧都作)の意表を突く大きさも印象的でした。

この日、明通寺、羽賀寺、そしてこの妙楽寺と巡ってきましたが、参道~境内の雰囲気はここが一番好きかも。小浜の古刹はどこもそうなんですけど、お寺と仏像と周りの自然が一体化していて、拝観する者を静かに&優しく受け入れてくれている感じがします。妙楽寺さんの梵鐘も「自由についてください」ってあったし(もちろん突かせていただきましたよ。小振りながら澄んだよい鐘の音でした)。

c0029281_19353091.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-30 19:47 | ★仏像&古寺★