KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

モトウタ(その8)。

※ 多少ネタバレあります。

「glee」のパフォーマンスのオリジナル、いわゆる「モトウタ」をKUNSANの独断と偏見と好みでピックアップするシリーズの8回目!

本国でスタートした「glee」第4シーズン、そしてEテレでスタートした「glee」第2シーズン、奇しくも今週はどちらもブリトニー・スピアーズのトリビュート回でした。正直言って、これまであまり彼女の歌に興味がなくて(ゴシップネタは見たり聞いたりしてましたが・・)、多分「glee」を観てなかったら一生ブリちゃんの歌を聴くことはなかったのでは?と思うぐらい・・・。

ということで、今回のモトウタはブリトニー・スピアーズ!・・・ではなくて(笑)、Peter, Paul and Mary。glee4-02「Britney 2.0」のパフォーマンスの中で一番好きなのが、ティナ&サム&ジャージャービンクス(マジで役名が思い出せない。。願わくばこの人の代わりにブレインだったら完璧だったのに・・・)によるアコースティックver.の「3」(「glee」版はこちら。ちなみにAcapella版はこちら)。この「3」の歌詞の中にPP&Mがなにげに出てくるんですよ。「花はどこへ行った」とか「パフ」とか、反戦・反原発、公民権運動などに影響を与えた社会派フォーク・グループとして有名なので、ブリトニーの歌に使われて怒ってる人もいるのではないかと思いますが(笑)。「glee」とも一見無縁?のようにも思えますが、なんと記念すべきPilot回でこの歌が使われております!by シュー先生


「Leaving on a Jet Plane」 by Peter, Paul & Mary

NHKの「glee」サイトによると、この曲の作曲者であるジョン・デンバーは皮肉にも飛行機事故で亡くなったそうですね。。。メロディといい、歌詞の内容といい、飛行機事故といい、なんだかもの悲しくなってしまう曲です。ということで、全くブリトニー・スピアーズとは関係ない締めくくりになってしまいました(笑)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-09-23 20:20 | テレビ・映画