KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

おもひで七条(その2)。

なじみ深い京阪七条付近をぶらぶらした「おもひで七条」のその2(その1はこちら)。

c0029281_20204184.jpg

六波羅蜜寺を後にして、再び七条通り方面へ。その途中で通りがかった細い路地には、いかにも京都っぽい民家の風景が。KUNSANが京都に住んでいたとき、基本的に移動は電車(地下鉄)、自転車、徒歩だったんですが、天気のよい日にはこういった小路をぶらぶらとお散歩するのが好きでしたね。

c0029281_2021954.jpg

そして、七条通りをはさんで京都国立博物館の真向かいにある三十三間堂へ。すごい久しぶり(少なくとも阪神淡路大震災以来はじめて)の訪問でしたが、相変わらず長いですね(笑)。千体の千手観音ももちろん圧巻なんですが、やはり風神・雷神&二十八部衆が異国チックでかっこいいですね~。ちなみに本尊千手観音坐像(国宝)は、あの運慶の長男である湛慶の作品。そういえば六波羅蜜寺では運慶&湛慶親子坐像が並んでおりました。

三十三間堂と言うと個人的に思い出すのは大学のゼミの友人のこと。彼女は三十三間堂のすぐ近くにある由緒正しいお寺の子で、一人暮らしで侘びしい食生活のKUNSANを憐れに思ったのか、「ご飯食べにおいでよ」と夕飯に誘ってくれてました。その時に食べさせてもらった粕汁のおいしさが今も忘れられません・・・(今、どうしてるかなぁ・・・)。

c0029281_20215293.jpg

これは七条大橋から鴨川を眺めた図。実はこの中にKUNSANが住んでいたアパートも写っています(笑)。ベランダの真下はすぐ鴨川。リバーサイドアパートと言うと聞こえはいいけど、川風は強いし(ある日ベランダにおいてあった洗濯機が倒れた・・)、夜中に河原でトランペットの練習するヤツとかいたりして(笑)、まあでも景色は確かによかったかな。

かつてよく利用していた京阪七条駅前のマクドナルド、コンビニなどなど、昔とほとんど変わらない風景(これが京都のいいところですね)が今回ほんとに懐かしかったです。また、近いうちに帰ってきたいな。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-10-04 21:25 | 旅行