KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

イノセント・ワールド-天下無賊-

今日も映画を観に行ってきました。渋谷のQ-AXシネマにてアンディ・ラウ主演の「イノセント・ワールド-天下無賊」。思いのほか渋谷駅から遠くて、開始時間ギリギリに到着したんですが、なぜかド真ん中でゆったり観られました(笑)。監督は、中国映画のヒットメイカー、フォン・シャオガン。次回作は、チャン・ツィイー主演の「女帝(エンペラー)」(6月公開予定)です。中国映画と言うと、武侠ものや歴史大作のイメージが強いですが、この作品はドラマ、アクション、コメディ、密室サスペンス(?)と色々な要素が詰まったなかなか面白い作品でした。ただ、アンディが吹き替えで(香港は広東語なので)、どうせ吹き替えにするならアンディじゃなくても・・・?と思いましたが、彼がいるからこそ作品に華が添えられた&(数年遅れだけど)日本で公開されたと言えるのかも。個人的には、窃盗団のリーダーを演じていたグォ・ヨウさんが好きでしたね。以前、「わが家の犬は世界一」でうだつの上がらないオヤジを演じていた人と同一人物とは思えない役作り。フォン・シャオガン監督とは過去にも何作かコンビを組んでいて、次回作の「女帝」にも出演しているらしいです。

連日、遊んでばかりとお思いでしょうが、中国の映画を観に行くのも中国語の勉強の一環ということで(笑)。劇中、そんなに早口でまくしたてる場面はなかったので、所々聞き取れました。そういえば、映画館の売店で「中国語で短編小説を読もう 天下無賊」(CD付き)も販売されていました(KUNSANは買いませんでしたが)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-04-30 21:13 | テレビ・映画