KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

フラナラ。

フラっとナラ2日目。まずは、昨日時間切れで行けなかった東大寺法華堂(三月堂)へ。ここには不空羂索観音立像をはじめ、日光&月光菩薩像、四天王像、梵天・帝釈天像、金剛力士像etc.+秘仏の執金剛神像を含めて18体の国宝、重文クラスの豪華ラインアップがひしめき合っています。東寺の立体曼荼羅にも圧倒されましたが、法華堂の方が空間的により閉ざされていて、ピリっとした緊張感を感じました。

今日は天気もよくて暖かかったので、少し距離はありましたが、30分ほど歩いて新薬師寺へ移動。
c0029281_20563174.jpg
ここの見所は、本尊薬師如来像を護るように外向きにぐるりと取り囲んでいる十二神将。中でも、ドラゴンボールのスーパーサイヤ人なみに髪の毛が逆立っているバサラ大将様が有名ですね。塑像(要は粘土です)なので、若干の固さ&冷たさは否めませんが、それぞれ表情やポーズや装身具がバラエティ豊かで見飽きません。それから、お寺自体もひっそり感&こじんまり感があっていいですねー。東大寺や薬師寺よりも、KUNSANはこんな控えめな古寺の方が好みです。

それから新薬師寺のすぐ裏にあたる「入江泰吉記念奈良市写真美術館」へ。入江泰吉というと大和路の風景&仏像写真で有名な写真家。同じく古寺仏像の撮影をライフワークしていた土門拳(「土門拳と荻窪ラーメン」参照)とは並び語られる存在です。入江さんの写真って、土門拳のような強力な個性やエネルギーはそれほどないものの、故郷である奈良という土地、そこに存在する景色、寺、仏像に対しての優しい愛情が感じられます。それから構図がすばらしいですね。この美術館、設計は先日お亡くなりになった黒川紀章氏。雨漏りの改修工事中だったので、外観を観ることが出来なかったのは残念でしたが、工事により観覧料が無料になっていてラッキーでした。

奈良には昨年の秋に訪れたばかりですが(「ナラナラバ・・」参照)、今回はこれまで時間がなくて行けなかった場所をピンポイントで回ってきました。特に東大寺は二日にわたってガッツリ見仏。普段は信心深くないKUNSANですが、中国赴任を控え、無事に任務を果たせるようにとお願いしまくってきたのでした。
c0029281_222588.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2008-03-02 21:41 | ★仏像&古寺★