KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

カテゴリ:旅行( 68 )

秋の安曇野。

昨日、安曇野までドライブに行って来ました。去年も同じような時期に小布施に行っていますが(「秋の遠足 in 小布施。」「小布施の古刹。」参照)、秋になるとどうしても信州に行きたくなるんですよね~(笑)。幸い天気にも恵まれたドライブ日和。信州の自然に癒され(ちょっと紅葉には早かったかな・・)、ついでに食欲(新そば)&物欲(リンゴなど信州みやげ)も満たされ(笑)、とても充実した1日となりました。

安曇野観光の定番(?)、大王わさび農場。以前にも来たことがあるのですが、前回に比べてものすごい人が増えた気が・・。行楽シーズンというのもあるんでしょうが、NHK朝ドラ「おひさま」のロケ地となったのも影響もあるのかな・・?

わさび田の緑&透き通った水が日光に照らされてキラキラしている中、園内をのんびりお散歩。途中、休憩して、「わさびソフトクリーム」や「わさびコロッケ」などを試してみました(車の運転がなかったら「わさびビール」も飲んでみたかった・・)。前回わさびソフトを食べたときも思ったんですが、あまりに無難な味で(わさびがあまり効いていない)、もう少しわさび特有の「ツーン!」が感じられる限界まで挑戦してもらいたいものです。。。

c0029281_14564744.jpg

c0029281_14214715.jpg

安曇野アートラインなんてものもあるように、安曇野を走っていると美術館、アート系のおしゃれな工房などが多く点在しているのが目に付きます。その中でもKUNSANが特にお気に入りなのが碌山美術館

c0029281_20211978.jpg

30歳で夭折した安曇野出身の彫刻家、荻原守衛(碌山)および彼と関係の深い芸術家の作品・資料等を展示する美術館。ツタが絡まるレンガ造りの教会風建築(碌山館)をはじめ、全体的な雰囲気がすごくいいんですよね~。ドアノブなども細かいところにもセンスが光ります。

c0029281_20333779.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-10-28 20:50 | 旅行
なじみ深い京阪七条付近をぶらぶらした「おもひで七条」のその2(その1はこちら)。

c0029281_20204184.jpg

六波羅蜜寺を後にして、再び七条通り方面へ。その途中で通りがかった細い路地には、いかにも京都っぽい民家の風景が。KUNSANが京都に住んでいたとき、基本的に移動は電車(地下鉄)、自転車、徒歩だったんですが、天気のよい日にはこういった小路をぶらぶらとお散歩するのが好きでしたね。

c0029281_2021954.jpg

そして、七条通りをはさんで京都国立博物館の真向かいにある三十三間堂へ。すごい久しぶり(少なくとも阪神淡路大震災以来はじめて)の訪問でしたが、相変わらず長いですね(笑)。千体の千手観音ももちろん圧巻なんですが、やはり風神・雷神&二十八部衆が異国チックでかっこいいですね~。ちなみに本尊千手観音坐像(国宝)は、あの運慶の長男である湛慶の作品。そういえば六波羅蜜寺では運慶&湛慶親子坐像が並んでおりました。

三十三間堂と言うと個人的に思い出すのは大学のゼミの友人のこと。彼女は三十三間堂のすぐ近くにある由緒正しいお寺の子で、一人暮らしで侘びしい食生活のKUNSANを憐れに思ったのか、「ご飯食べにおいでよ」と夕飯に誘ってくれてました。その時に食べさせてもらった粕汁のおいしさが今も忘れられません・・・(今、どうしてるかなぁ・・・)。

c0029281_20215293.jpg

これは七条大橋から鴨川を眺めた図。実はこの中にKUNSANが住んでいたアパートも写っています(笑)。ベランダの真下はすぐ鴨川。リバーサイドアパートと言うと聞こえはいいけど、川風は強いし(ある日ベランダにおいてあった洗濯機が倒れた・・)、夜中に河原でトランペットの練習するヤツとかいたりして(笑)、まあでも景色は確かによかったかな。

かつてよく利用していた京阪七条駅前のマクドナルド、コンビニなどなど、昔とほとんど変わらない風景(これが京都のいいところですね)が今回ほんとに懐かしかったです。また、近いうちに帰ってきたいな。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-10-04 21:25 | 旅行
ふと、先月行った京都のことについて触れずじまいだったことに気付きました。あれからもう1ヶ月も経つのか・・・。

今回は久しぶりにかつて住んでいた京阪七条周辺を訪ねてみることに。まずは、京都国立博物館で開催されていた「古事記1300年・出雲大社大遷宮 特別展覧会 <大出雲展>」(10月10日からは東京国立博物館で開催されます)へ。これ期待していなかった分(笑)、かなり楽しめました。特に神話の国=出雲における神仏習合っぷりは興味深い。にわかに「神話博しまね」に行きたくなりましたが、来月11日までということなのでちょっと難しいかな・・・。

c0029281_20492382.jpg

その後大和大路通を北上し、六波羅蜜寺へ。予定にはなかったんですが、ふと運慶仏が見たくなって。こぢんまりしたお寺ですけど慶派の名仏がズラリ。大河ドラマの「平清盛」の坐像も有名ですが、六波羅蜜寺と言えばこれでしょ!

c0029281_21183969.jpg

教科書でもお馴染みの「空也上人立像」。口から吐き出されているのはおたまじゃくしじゃなくて、ありがたい阿弥陀仏です。ちなみに六波羅蜜寺のご本尊は、「十一面観音立像」。普段は秘仏ですが、12年に1度の辰年(ということは今年ですね!)に特別開帳されます(HPによると、11月3~5日)。おしいっ!

(その2につづく)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-10-03 21:38 | 旅行

崖っぷち。

この週末、福井方面へ「見仏&温泉なごみ旅」に出掛けて来ました。見仏=小浜編は改めてアップしますが、今回は東尋坊編。東尋坊と言うと、断崖絶壁、荒れ狂う波、そしていのちの電話・・というイメージがありますが、昨日は波も穏やかで空と海が夕日に染まる美しい風景に、しばし心が洗われました。

c0029281_19184543.jpg


c0029281_1919262.jpg


c0029281_19191848.jpg


c0029281_19193464.jpg

東尋坊には今までに何度も来ているんですが、気のせいか以前来たときより崖の高さが低くなったような?。いつもなら高所恐怖症のKUNSANでも、このぐらいの高さなら何とか崖の突端付近まで接近することが出来ました(さすがに崖の下をのぞき込むような荒技は出来ませんでしたが・・・)。でも、危ないと分かっていながら、つい崖の突端に近付いてみたくなる、崖の下をのぞき込みたくなる人間の心理ってなんなんでしょうね~。

余談ですが、「崖っぷち」と聞くと、条件反射的にみうらじゅん氏を思い出してしまいます(笑)。昔、「いい崖出してるツアー」とかやってましたよね。7月7日公開の映画「崖っぷちの男」に「崖と崖っぷちに造詣が深い」からという理由でみうらさんがインタビューされているこじつけがミョーに可笑しい。

ついでにもう一つ余談ですが、金城武とケリー・チャンが出ていた映画「世界の果てに(原題:天涯海角)」のラストあたりで出てきたスコットランド(?)の断崖は、いつか行ってみたい憧れの「崖っぷち」です。

★6/27追記★
映画「世界の果てに」に出てきたスコットランドの断崖は、Neist Pointという所みたいです。行ってみたいわ~。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-24 19:55 | 旅行

千本鳥居。

宇治から京都市内に戻る途中で、ふと初詣したくなって伏見稲荷大社へ。新年明けてもう1週間も経っているし、そんなに混んでないかな~と思いきや、すごい人!
c0029281_23371574.jpg

伏見稲荷と言えば千本鳥居。以前、訪れた時は平日であまり人がいない時だったので、どこまでも続く千本鳥居を前にして、「これをくぐったら違う世界(あの世とか)に行ってしまうのではないか・・」と言いようもない恐怖を感じて、ついぞ鳥居をくぐれなかった思い出があります(怖いと言えば、門前名物の「すずめの丸焼き」にも若干ビビりますが・・・)。今回は勇気を出して行ってみようかと思ったのですが、すごい行列でやっぱり挫折・・・。どうやら千本鳥居には縁がないようです。
c0029281_23463683.jpg

c0029281_23474985.jpg

今回は時間がなくて初詣だけでしたが、伏見と言えば、坂本龍馬ゆかりの地(寺田屋とか)であり、KUNSANが好きな(笑)日本酒の酒蔵が多いことで有名ですね。特に「月桂冠大倉記念館」は見学の後に試飲もさせてくれるのでオススメです!そして、大倉記念館のすぐ近くにある「鳥せい」にもいつか行ってみたいなーと思っています。そう思うと、伏見は「鳥」との関わりが深い土地なんだな~。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-01-16 00:11 | 旅行

太秦映画村!。

今年はあまりフラフラせず腰を落ち着けて過ごそうと思っていたのに、新年早々京都へ出掛けて来ました(笑)。学生時代の旧友&その子供たちという不思議な面子で東映太秦映画村に遊びに行って来ました~。かれこれ、ウン十年ぶり?ぐらいの映画村でしたが、もともと時代劇&忍者好きなので年甲斐もなく・・というかお子様達より楽しんでいたかもしれない(笑)。

c0029281_1174563.jpg

c0029281_118169.jpg

一時期、忍者にハマっていた時期があったので、「忍者ショー」とか「からくり忍者屋敷」とかテンション上がりました~。からくり屋敷は新しく出来たアトラクションかな。知力&体力使うので、結構疲れました・・。そして、以前から変わらず綱渡っている忍者(人間じゃありませんよ)。昔に比べると、長年働き続けているせいか若干顔色が悪くなったような(笑)。

c0029281_11181858.jpg

iPhoneアプリのInstagramでレトロ風に撮影してみました。め組と言うと、北島サブちゃんが住んでいた所ですかね?(in 暴れん坊将軍)。

c0029281_11252898.jpg
現在の恐竜

c0029281_11254138.jpg
以前訪れた時の恐竜

なぜに江戸時代なのに恐竜?・・と思わないでもありませんが(笑)、これも昔からありましたね~。ちなみに、以前訪れたときの恐竜が下の画像ですが、若干リニューアルされたようです。個人的には昔の恐竜の方が怖かったような気がする。

池と言えば、今回映画村ガイドツアーに参加した時にガイド役の東映の女優さんが、この池に(斬られて)落ちなければいけない若手の苦労を延々と語っていたのが印象的でした。その他のイベントなどに出ていた他の役者さんも、「この作品の端役で出てます」とか「水戸黄門が終わってしまった・・」と言葉の端々に切ない現実感を漂わせていて(笑)、「娯楽の裏には現実がある」、まさに「人生楽ありゃ苦もあるさ~」を改めて思い知った今回の映画村でした。。。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-01-09 11:59 | 旅行

横浜たそがれ。

先週のヨコハマ旅のメイン目的は、「クラブW杯観戦」「ロッキー・ホラー・ショー観劇」だったわけですが、その合間にのんびりハマ観光してきました!

c0029281_11504723.jpg

c0029281_1151329.jpg

ご存じ山下公園。最近、iPhone写真アプリのInstagramにハマっています。このアプリを使うとイイ感じの雰囲気に撮影できるので、まるで自分の腕が上がったような気になります(笑)。

その他、前回は中国駐在の直前に訪れた横浜中華街(「横浜中華街!」参照)を再訪。中国で1年暮らし、しかも今月初めに出張があったばかりの状態で行くと、「やっぱり中華街は中華街だよな・・・」という冷めた感想(笑)。でも、こんなお店を発見!なんか小洒落た感じ(あまり客は入ってなかったけど・・)。
c0029281_12192561.jpg

それから、氷川丸の横からシーバスに乗って、赤レンガ倉庫へ。折しも広場ではクリスマスマーケットが開催中。本場ドイツから直輸入したという屋台では、ビール、ホットワイン、ソーセージといったドイツ料理やクリスマスオーナメントなどが販売されていました。

c0029281_1212415.jpg

昼間っからグリューワイン2杯も飲んで気持ちよくなっていたところ、NHKのカメラクルーがマーケットの様子を撮影している現場に遭遇。後から調べたら、昼の番組「ひるブラ」の撮影だったようですね。本当はKUNSANが現場にいた19(月)に放送される予定だったのが、北朝鮮のニュースで翌日に変更。なので、KUNSANはこの放送を職場の昼休みにテレビで見ていました(笑)。見たところ、画面には映りこんでいなかったようです。それから、KUNSANは見ていませんが、「家政婦のミタ」の最終回でも赤レンガのクリスマスマーケットのシーンが使われていたみたいですね。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-12-24 12:22 | 旅行

秋の遠足 in 小布施。

長野県の小布施に遊びに行って来ました!以前、小布施ハイウェイオアシスには立ち寄ったことがあるのですが、本格的に訪れるのは今回が初めて。実は中文老師(=台湾人)に「小布施の栗おこわが美味しい」と教えてもらって以来、「秋になったら絶対行きたい!」とずっと思っておりました。

最初、小布施がこんなに人気のある観光地とは思ってなかったので(すみません・・)、人の多さにびっくり(笑)。ただ、北斎館や有名和菓子店がある中心部からちょっと外れると、栗林をはじめ、りんごやぶどう畑が広がるのどかな風景が広がります。山も近くて、紅葉の時期はきれいに色づくんだろうな~・・。秋晴れの空の下、小布施の街をぶらぶら歩いて散策しましたが、空気も爽やかでまさに遠足日和でした!定番観光スポット以外では、途中フラっと入った6次産業センターが良かったです(探していたものが見つかりました)。

小布施では、念願の(?)の栗おこわ、栗のスイーツを美味しくいただき、そしてお土産に栗ようかん、地酒(=純米吟醸ひやおろし!)を購入。最後にはハイウェイオアシスで、「りんご、そば、おやき」という信州”てっぱん”土産をダメ押しでゲット!普段、旅行(出張)に行ってもあまりお土産を買わないタイプなんですが、なぜか長野に行くと購買アドレナリンが分泌されて、「信州グルメ調達の旅」になってしまいます(笑)。

c0029281_19145828.jpg

栗庵風味堂さん(カフェ)の「栗あん豆乳ソフト」。次はモッフルにもトライしてみたいぞ!

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-30 18:14 | 旅行

遠い記憶・・・。

今週末はちょいと名古屋に出掛けていました。今日は昨日と打って変わって、少し暑いぐらいのいい天気。そんな陽気に誘われて、東山動物園まで足を伸ばしてきました。この土日、「名古屋まつり」が開催されていたということで、動物園は本日無料開放、ラッキー!

実はKUNSANの出生地は名古屋。幼稚園の頃まで名古屋に住んでいましたが、父親の仕事の都合で現在地へ引っ越し。何しろ幼少期のことなので、名古屋での記憶というのは極めて断片的なのですが、その欠片の一つが、東山動物園に家族で遊びに来た記憶。当時4~5歳の頃だったかと思いますが(今日の再訪問はものすごーく久しぶりだった訳です)、クマ舎をのぞいた瞬間、「以前にも同じような風景を見たことがある!」とかつての記憶がバッーとフラッシュバックしてきて、思わず泣きそうになりました。。。

c0029281_23392280.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-16 23:47 | 旅行

ずっしり。

今週末は残暑厳しい東京に来ています。前回の上京は3月(「休息時間。」参照)、あの東日本大震災の直前でしたから約半年たったということですね…。今日も夕方にちょっと揺れた気がしたのですが、半年経ったとはいえ、微かに恐怖がよぎりました。。。

さて今回の上京の目的は、例の如く「見仏&観劇」 (笑)。待望の「空海と密教美術展」で持国天さまに惚れ直した話とか、劇団☆新感線の「髑髏城の七人」で小栗旬くんの顔がちっちゃくて驚いた話は、帰宅してからまた改めてレポートしますが、それぞれに図録とパンフ買って既に荷物がずっしりです(笑)。明日もまたミュージカルを見るし、衝動買いしてしまいそうな場所にも行く予定だし、さらにずっしり感が増しそうだなあ…。

★追記しました★
「空海と密教美術展」(9/19)、「髑髏城の七人」(9/20)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-09-17 23:42 | 旅行