KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

HDDレコーダーの番組キーワード検索に「仏像」と仕込んでおいたらヒットしました。NHK総合「にっぽん心の仏像100選」の再放送、しかも4夜連続です!

12/4(火) 0:10~1:38
12/5(水) 0:10~1:40
12/6(木) 0:10~1:39
12/7(金) 0:10~1:43


先日、BSハイビジョンの方で放送(2夜連続計6時間!)されていたのですが、こっちではBSが見られないので再放送を心待ちにしておりました。100選がもう決まったんですね~。ちょうどこの前の3連休で見てきた仏像もいくつか入選していました。そういえば、百済寺(「湖東三山」参照)を訪れたときに、「十一面観音立像(植木観音像)が100選に選ばれました!」という張り紙が貼ってありました。でも、これ秘仏で公開してなかったんだけどなー。見たことがある人がいないのに何故に選ばれたんだろう・・・?是非、放送を見て確かめてみなければ!
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-29 23:21 | ★仏像&古寺★

はれまのちりめん山椒

週3日の中国語学校、その合間に入る飲み会などで最近帰りが遅いことが多かったのですが、今日は久しぶりに家で夕飯を食べるべく、がんばって20時台に帰宅しました。楽しみだったのは、京都で買ってきた「はれまのちりめん山椒」あつあつの炊きたてご飯にのっけて食べたかったので、朝、家を出る前にタイマーで炊飯セットしていったのでした。う~ん、うま~い!一人暮らしで1パック食べきれるかなーと思っていましたが、お茶漬けや酒の肴にも使えるということで、あっという間に無くなりそうな勢いです。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-27 23:50 | ★東京物語(07.4~08.3)★

湖東三山

c0029281_17482216.jpg

「関西仏像&紅葉巡りの旅」の最終日は、滋賀県の湖東三山西明寺、金剛輪寺、百済寺)へ!実は京都で宿が取れなかったので、昨夜は友人と京都で飲んだあと、滋賀・守山に移動したのでした。さすがにちょっと寝不足&バテ気味。。

しかし、そんなダルさも吹き飛ばすほど、今日はとってもいい天気で紅葉もとてもきれいでした!ちょっぴり期待外れだった奈良&京都の分まで堪能しました。そして、仏像たちの「朽ち果て感」が漂ってイイ感じでした。特に織田信長の焼討ちから奇跡的に逃れた百済寺の「聖観音&如意輪」はとても神秘的で美しかったです!来月からは彦根城博物館に寄託されるとかで、最後のチャンスにお寺で見られて良かったです。

湖東三山は紅葉スポットということで、この時期はシャトルバスが出ていてお寺間の移動は便利なんですが、仏像のある本堂は一番高い所にあるので、階段を上り下りするのが結構キツかった~。今から新幹線に乗って東京に戻りますが、明日は筋肉痛がヒドそうだ(笑)。

※ 旅の詳細レポートは、また後日追記します。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-25 17:48 | ★仏像&古寺★

母校を訪ねて

c0029281_23323596.jpg

朝イチで薬師寺、唐招提寺で見仏してから京都に移動。途中で「仏像のデパート」と言われる東寺に立ち寄りました。うーむ、講堂の立体曼荼羅がいい!特に持国天のワイルドさに惚れてしまいました(笑)。

京都駅に着いてからは、大学時代の友人と合流し、昔よく行っていたラーメン屋(第一旭ラーメン)や母校を訪ねながら、束の間のタイムトリップを体験しました。懐かしいんだけど、全然変わらないところもあって、なんか不思議な感覚でした。

京都での仏像ターゲットは、某雑誌でみうらじゅんがオススメしていた千本釈迦堂。快慶作の十大弟子像も良かったんですが、おかめ像がコワカワイイ!その後、高台寺へ移動しライトアップされた紅葉を観賞。正直、まだ色付きは足りない感じですが、一番の見物である池の水面に映る紅葉がやはり美しかった!ものすごい行列に並ばなければいけませんが、これは絶対に見る価値ありです!

それにしても、今の時期、高台寺や清水寺といった東山通沿いの寺院のライトアップが行われているせいか、道がメチャ混みです。。千本釈迦堂の方から東山三条あたりまでたどり着くまで、なんと1時間30分ですよ!(通常は20~30分)この時期の京都の混みようは昔からのことですが、年々人が多くなっている気がします。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-24 23:32 | 旅行

ナラナラバ・・

c0029281_22282926.jpg

三連休の初日、朝5時起きでKUNSANが向かったのは・・・そう!「仏像三昧ひとり旅」で関西方面に来ております。今日のお宿は古都・奈良。お久しぶり!の「琥珀ヱビス」「最上級の琥珀ヱビス!」参照)を飲みながら、まったりしているところです。

昨年奈良を訪れた時には、時間が無くて断念した桜井周辺が今回のターゲット。まずは、「花の御寺」こと長谷寺。紅葉の方はちょっとビミョーな感じ(まだ早い?)でしたが、長谷観音信仰のルーツである本尊の十一面観世音菩薩像はさすがのデカさでした。でも、最初のインパクトから言うと、あじさいの時期に訪れた鎌倉の長谷寺の方が大きかったかも。それにしても、長谷寺は駅から遠い&階段多いで、しょっぱなからスタミナ消耗しました。。

次なる目的地は「大化の改新発祥の地」と言われる談山神社へ。ここは紅葉の名所のせいか道がメチャ混み。本当は行くつもりはなかったのですが、最近、修理中だった国宝の十三重塔が落慶というニュースをやっていたので、頑張って見てきました。とてもきれいになってましたね。欲を言えば、もう少し紅葉がきれいだったら良かったんですけど。。

そして最後は聖林寺へ。ここには、国宝の十一面観音菩薩(画像参照)がおわします。昨年、東京国立博物館で開催された「仏像展」(「仏像~一木にこめられた祈り」参照)では入替陳列だったため、KUNSAN見られなかったんですよね~。念願のご対面はガラス越しでしたが、閉門時間ギリギリに行ったのが良かったのか、周りに誰もいない状態でゆっくり見ることが出来ました。美しいけど威厳があって、最初は冷たい感じがしましたが、来年の大連での赴任生活を無事に過ごせるように願いつつ、最後に振り返って見ると、何故か優しく微笑んでくれたような気がしたのでした。

さて、明日は京都に移動します。奈良に向かう途中で京都駅に一瞬降りましたが、予想はしていたものの、めっちゃ人が多かった~。明日は覚悟しなきゃ!
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-23 22:28 | ★仏像&古寺★
月曜日は中国語、火曜日は飲み会、水曜日は二日酔い&中国語、木曜日は中国語・・・仕事の方はそれほど忙しくなかったけど、今週はなんか疲れたわ~。特に水曜日が(笑)。ということで、リフレッシュのためにこの三連休、KUNSANは旅に出ますっ!さて、KUNSANは一体どこに行くのでしょう?(このブログを読んでいれば、すぐ分かるかな?)正解は明日のお楽しみ!
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-22 22:47 | 旅行

サウスバウンド

c0029281_2134144.jpg
「サウスバウンド」(@新宿ガーデンシネマ)をようやく観てきましたぁ~。直木賞作家、奥田英朗の同名小説の映画化。うーん、「原作の面白さを映画は超えられなかったー。」というよくあるパターンでしたね。奥田英朗の原作が映画化されるのは、「イン・ザ・プール」に続いて2作目。「時効警察」の三木聡監督、主演の松尾スズキというクセ者が生み出した「奥田ワールド」に比べると、本作はちょっとパワー不足と言わざるを得ませんねぇ~。

でも、最近ちょっとした”沖縄マイブーム”を迎えているKUNSANはそれなりに満足できたかな。願わくば、前半の東京編はカットして全編沖縄でも良かったけど。「めがね」(「めがね」参照)を観たときもそうでしたが、「沖縄に行きたいなぁ~。」と最近とみに思うのです。昨日の渋谷、今日の新宿・・・都会の人混みに揉まれていると、青い海をぼーっと眺めて一日過ごしたい、癒されたい願望が・・・(笑)。

映画の方は、トヨエツ&天海氏のツインタワー夫婦がでかいっ!確かに生き方はカッコいいけど、自分の両親だったらちょっとイヤかな(笑)。息子・二郎役の田辺修斗くんがよかったですねー。カンヌで賞を獲ったときの、柳楽優弥くんにちょっと雰囲気が似てるかな。将来、どんなイケメンくんになるのか楽しみです。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-18 22:36 | テレビ・映画

レインマン

c0029281_22523293.jpg
椎名桔平&橋爪功共演「レインマン」(@渋谷パルコ劇場)を観てきました。ご存じのとおり、かつてダスティン・ホフマンとトム・クルーズが共演して大ヒットした映画版の舞台化です。KUNSAN、映画も観てるんですけど、やっぱり嫌いなトムということで(笑)、その時はあんまりピンと来なかったんですよね。でも、今夜は「あー、こんないい話だったんだ~。」と素直に感動。。

それにしても桔平かっこいい~!実はKUNSAN、「犬神家の一族」のスケキヨ役の時から桔平ファンだったりします。この舞台のチケットを取ったのも、桔平目当てだったから(笑)。テレビで観るよりずっと背が高くて、リフティングも上手くて、とにかくかっこいい!橋爪さんとは兄弟というより、親子といった方が自然な感じでしたが、再演ということもあって息のあった兄弟ぶりでした。橋爪さんも飄々とした演技がやはり上手いですね。紅一点は、元宝塚娘役トップの紺野まひるちゃん。娘役トップって、男役と違ってなかなか成功できないんですけど、結構、コンスタントにテレビにも顔出してますね。金麦=檀れいちゃんと共に今後とも頑張って欲しいものです。公演の方は、明日が千秋楽となります。

それにしても週末の渋谷って、いつ来ても大混雑&真っ直ぐ歩けずイライラします。。。はっきり言って、KUNSANは渋谷という街はどうも好きになれませんねー。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-17 23:21 | 演劇・ミュージカル
昨日の仕事帰りに来年の手帳を買いに池袋LOFTに行きました。カラフルでカワイイ手帳コーナーには若い女性たちが群がっていましたが、KUNSANはまさにザ・ビジネス!といった普通の手帳を購入。そんな話を今日のランチ時にしていたら、KUNSANと同じく来年4月に中国へ赴任する研修仲間が、「中国に行ったら祝日が日本と違うよ。」と一言・・・。が~ん、そうでした。。。しかも、中国では五月のゴールデンウィークが廃止されるというニュースも出てたっけ。いいさっ、向こうでも手帳を買って両方使うもん!

大連赴任まで残り4ヶ月余り、仕事が忙しいのも一段落したので、中国語学習にもっと身をいれるために今週からプライベート・レッスンも入れることにしました。これで月木の中級コースと合わせて週3日学校に通うことになります。で、今夜はプライベートの初日だったわけですが、2時間先生と二人っきり(笑)。いやー、緊張しました。ヒアリングは大分出来るようになってるのですが、いざ自分で話そうとすると出てこないんだわ。「ダーリアンのチャオズはヘンハオチーですよね。」などと言った、まるで”チャイ語版ルー語”をしゃべっていました。その他、細かく発音を直されたりと厳しい所もありますが、先生が大連出身ということで話が弾んでなかなか楽しいスタートでした。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-14 23:54 | ★東京物語(07.4~08.3)★
c0029281_17294076.jpg
仲間由紀恵初座長公演「ナツひとり-届かなかった手紙-」(@新橋演舞場)を観てきましたー。幕が開いたのが11:30で、終わったのが15:20ごろ。幕間2回(計45分)を挟んでいたとはいえ、ちょっと長めのお芝居でした。でも、長さがあまり気にならないほど中身ぎっしりで、ストーリーに引き込まれました。

原作は橋田壽賀子の「ハルとナツ」。たしか以前、NHKで放送されてました。そのドラマ、最後の方だけちらっと観たんですが、「あー、また森光子がジャニーズと共演してるわ~。」ぐらいにしか思わなくて(笑)、今思えばちゃんと観ておけばよかったと後悔。。ドラマでは、日本とブラジルに離ればなれになってしまったハルとナツ姉妹のそれぞれの人生を描いていましたが、今回の舞台(脚色・演出=マキノノゾミ)では、日本にひとり残されたナツの一生にスポットがあてられています。

主役のナツを演じているのは仲間由紀恵ちゃん。ドラマでもナツを演じていましたが、今回は14~76歳までを演じきっていました。実を言うとKUNSAN、彼女の代表作「トリック」「ごくせん」「功名が辻」etc.をことごとく観ていないので、まともに演技を観るのは初めてに近いかも。でも、初座長とは思えないほど落ち着いていて良かったです。彼女のセリフ回しは、テレビよりむしろ舞台向きなのかなとも思いました。

そして、KUNSANのお目当てだった「純情きらり」の達彦坊ちゃんこと福士誠治くんと、「サラリーマンNEO」の生瀬勝久さん。生瀬さんは今回珍しく(?)真面目な芝居で、テレビで何度も共演している仲間由紀恵ちゃんの初恋の人を爽やかに演じていました。さすが舞台の人だけあって、声が通ってセリフも聞きやすかったです。達彦坊ちゃんはねぇー、かっこよかったです(笑)。ちょっと芝居し過ぎ?のところもありましたが、彼もセリフが明瞭だし、長身で舞台映えするし、今後も舞台に力を入れて欲しい人ですね。何よりケン玉の腕前にビックリしましたが、公式サイトに「ケン玉2段」と書いてあって納得しました。。その他、宇津井建、沢田雅美といった「渡鬼」メンバーもさすがベテランといった存在感。そうそう、ラストの方では森光子の声の特別出演があったのですが、これには泣かされましたね~。

新橋演舞場は初めてだったんですが、KUNSANが普段行くような劇場とはひと味ちがったレトロ感がかえって新鮮でした。プログラム売場=筋書売場だし、幕間には席でお弁当食べてもいいし、劇場が提灯のあかりで照らされているのもアットホームな感じでよかったですねー。今日の席は端っこだったんですが、結構前寄りでしかも花道に近いところでした。なので、数メートル先には、仲間ちゃんが!達彦坊ちゃんが!ナマ生瀬さんが!とひそかに興奮していたKUNSANだったのでした。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-11-11 17:56 | 演劇・ミュージカル