KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

番狂わせ。

久しぶりにJ2観戦に行って来ました。下位に低迷するカターレが、現在1位のFC東京に1-0と勝つという、夏の終わりのまさかのサプライズ!本日の主役は一応この人、元日本代表FWの黒部選手。

c0029281_2338018.jpg

シュート数から言っても、内容的には終始FC東京のペースではありましたが、カターレはチーム一丸となってゴールを死守したという感じでしたね。まさに激闘!・・でしたが、こんな試合を前からして欲しかったわ・・・。

FC東京は、日本代表の今野をはじめ、ルーカス、石川、羽生、坂田、平山(ケガで今日は出場せず)・・・とそうそうたるメンバーを揃えていながら、どうしてJ2にいるのか不思議。おそらく来シーズンにはJ1への復帰濃厚なんでしょうが、こんなところでカターレに取りこぼしてていいのか・・と他人事ながらちょっと心配になってしまいました。

KUNSAN、普段日本代表にはあまり興味ないんですが、唯一好きなのが今野選手。職人肌っぽいところがいいですよねー。ちょっと旬は過ぎたかなーとは思いつつ、ヨーロッパ移籍の噂もチラホラ聞こえてくるので、生の今野選手を見るチャンスも今後なかなかないだろうと楽しみにしておりましたが、今日はちょっとおとなしめだったかなー。写真を撮ろうと待ち構えていたのに、下位のカターレに負けたショックか、他のメンバーから一人離れて途中でどこかへ消えてしまったのが残念でした。。。(ちなみに画像の右端が今野選手)。来月からのW杯アジア予選の活躍を願ってます!

c0029281_23411512.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-28 23:44 | スポーツ

高野山(その5)。

壇上伽藍とともに高野山二大聖地と言われる奥の院。弘法大師御廟まで約2km続く参道沿いにそびえる杉木立が夏の日差しをしばし遮ってくれました。

c0029281_19311475.jpg

一の橋を渡り、より鬱蒼とした杉林の中に足を踏み入れると、歴史上の人物のお墓&供養塔がズラリと並びます。特に、武田信玄vs上杉謙信、織田信長vs明智光秀、浅野内匠頭+赤穂浪士vs吉良上野介etc.かつて敵対関係にあった人々が同じ地で仲良く(?)供養されていることが非常に興味深いです。高野山は真言宗の大本山でありながらも、敵味方・宗派・身分など分け隔てなく懐深く受け入れる、ニュートラルな聖地なんですね。

c0029281_2125312.jpg

御廟の橋(みみょうのはし)を渡ると、いまだ空海が生き続けていると言われる弘法大師御廟へ。古寺&仏像鑑賞が趣味とはいえ、普段全く信仰心のないKUNSANですが、このエリアに満ちているスピリチュアルな気のせいで、思わず背筋もピンとなりました。

シーズン的にお盆が近かったというのもありますが、驚いたのは高野山を訪れる人が思いの外多かったということ。車のナンバーを見ても関西を中心に日本全国から集っている感じ。まるで、高野山はホトケのテーマパーク!。まもなく開創1200年がたとうとしているのに、今もなお、携帯の電波も通じないような山奥に人々をいざなう高野山の魅力。テーマパークのいわばプロデューサーである空海、言い伝え通り今も御廟の中で生きているとしたら、「してやったり!」な気分で訪れる人たちを眺めているのかな?・・・。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-27 23:39 | ★仏像&古寺★

高野山(その4)。

ついに「高野山真言宗 総本山 金剛峯寺」にたどり着きました~。

c0029281_2035916.jpg

現在の「金剛峯寺」は、豊臣秀吉が亡母を弔うために建立した「青厳寺(せいがんじ」が)が明治二年に改号されたもので、本来「総本山 金剛峯寺」は「一つの寺を指すのではなく、高野山全体を総括する存在」なんだそうです(=一山境内地)。

寺内には豪華な襖絵のある仏間や広間がいくつもあって、寺というよりは大名の城(京都の二条城のような)のような雰囲気。きれいな石庭もありました。

c0029281_20515666.jpg

「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」は、昭和59年(1984年)、弘法大師御入定1150年御遠忌大法会の際に造園されたもの。石庭としては国内最大(2,340平方メートル)だそうです。ちなみに使われている花崗岩は空海のふるさと=四国産。

c0029281_2113442.jpg

c0029281_2115063.jpg

金剛峯寺の屋根は檜皮葺き。その屋根の上には、火事の時に屋根が燃えないよう日頃から雨水をためておくための「天水桶」が置かれています。屋根の上に桶があるのって、ちょっと不思議な光景。

(その5につづく。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-21 21:08 | ★仏像&古寺★

高野山(その3)。

高野山レポ、ちょっと小休止です。

空海が高野山を開いたのが816年。ということで、高野山は平成27年に「開創1200年目」を迎えます。平成27年4月2日~5月21日(50日間)、「高野山開創1200年記念大法会」が執り行われる予定です。ちなみに一般公募から選ばれた大法会のイメージキャラクターがこちら!

c0029281_21262749.jpg

「こうやくん」です!ゆるキャラ・・と言ったらバチが当たるでしょうか?ただいま至るところでPR活動中(そういえば金剛峯寺で着ぐるみ「こうやくん」と一緒に写真撮りました)のようですが、平城遷都1300年祭の「せんとくん」に比べると、ちょっとインパクトに欠ける・・・?(参考「こうやくん日記」

その他、高野山関係のイベントといえば、9月1日(木)~11(日)に新丸ビルで「高野山カフェ in 丸の内ハウス」が開催されるそうです(今年で2年目)。9月に上京する予定はあるのですが、残念ながら「高野山カフェ」が終わった後・・・。阿字観(あじかん)体験とかしてみたかったな・・。その代わりに、「梵字バー」には行ってこようかな?

(その4につづく)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-19 21:48 | ★仏像&古寺★

高野山(その2)。

高野山の造営にあたり、空海が真っ先に着手したのが「壇上(場)伽藍」の建立。壇上伽藍は、「胎蔵曼荼羅」の世界を表していると言われており、高野山の二大聖地の一つです(もう一つは奥の院)。壇上伽藍のシンボルともいえる「根本大塔」は空海の死後にようやく完成しました。

c0029281_20195392.jpg

高さは約50メートルということで、そばで見上げるとかなり大きく感じられます。塔内には本尊の「胎蔵界大日如来坐像」と本尊を囲むように「金剛界の四仏(阿しゅく・宝生・阿弥陀・釈迦)」がまつられています。胎蔵界と金剛界(いわゆる両界)の仏が同じ場所に安置されるのは珍しいことですが、空海の「根本的に両者はひとつ」という思想を反映しているためと言われています。

c0029281_20253762.jpg

「不動堂」です。見た目ちょっと地味ですが(笑)、国宝です。現在の堂は14世紀前半に再建されたものですが、「一見貴族の邸宅風に見えるけど実は仏堂」というところが珍しいです。また、建築には四人の工匠が携わったため、お堂の四隅(屋根とか)はすべて形が違うそうです。KUNSANが見たかった運慶作の「八大童子像」はもともとこの不動堂に安置されていました(現在は霊宝館)。

(その3につづく。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-17 20:59 | ★仏像&古寺★

高野山(その1)。

「和歌山旅行。」からの続きです。)

女将さんに見送られながら「龍神温泉」を後にし、ぐねぐねカーブが延々と続く高野龍神スカイラインを1時間半ほどひた走り、ようや高野山に到着。
c0029281_20172766.jpg
高野山への西の入口=「大門」(国重要文化財)

高野山は、弘法大師(空海)が816年に真言密教の根本道場として開いた聖地。平成16年には「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産にもなっています。今回個人的に楽しみにしていたのは、高野山に伝わるお宝(特に仏像)鑑賞。ただ、「高野山霊宝館」にあるはずの宝物の一部(国宝「諸尊仏龕」など)は、現在開催中の「空海と密教美術展」@東京国立博物館にご出張中でした。まあ、それは来月上京する時に見ればいいのですが、残念だったのは運慶作の国宝「八大童子立像」が一体だけしか見られなかったこと(普段も八体同時に展示することは滅多にないとのこと)、それでも快慶作の広目天のかっこよさや深沙大将の奇っ怪さは非常に印象的でした。

高野山のお宝を堪能した後は、「別格本山 総持院」さんで精進ランチをいただきました。最近、高野山の宿坊で宿泊や食事をするのが流行っているそうですが、総持院さんの精進懐石はまるでフレンチのような華やかさ&美味しさ!とても心動かされました。画像にはありませんが、特に天ぷらが最高!

c0029281_23272633.jpg

(その2につづく)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-16 23:34 | ★仏像&古寺★

和歌山旅行。

ちょうど1週間前になりますが、和歌山へ遊びに行って来ました!和歌山には以前仕事で何度か訪れたことがありますが、仕事の合間になぜか炎天下で和歌山城に上り(若気の至り?)、ヘトヘトになったのが一番の思い出(笑)。今回の旅は、和歌山の友人がすべてアレンジしてくれたので、とても快適&お気楽な旅でした。

c0029281_15181063.jpg
ローカル線=和歌山電鐵貴志川線を走る「いちご電車」

「いちご電車」のデザインは、貴志駅周辺の特産である「いちご」をモチーフにしてあり、シート柄や内装も可愛いいちごだらけ。貴志川線にはこの他、「おもちゃ電車」「たま電車」も走っていて、子供のみならず大人もほっこり&にっこりですね。個人的には「たま電車」のデザインが好きかな~。

c0029281_15182441.jpg

テレビでも話題になっていた、貴志川線貴志駅の「たま駅長」。ひっきりなしの見物客&猛暑のせいか、ガラスのお部屋でぐったりとお疲れのようでしたが(笑)、たま駅長は「和歌山鐵道の役員」であり、「ナイト」の称号を持つスーパー駅長なのです!

c0029281_15184130.jpg

c0029281_15185388.jpg

「日本三美人の湯」で知られる龍神温泉(あとの二つは、島根県の湯の川温泉、群馬県の川中温泉)です。川のせせらぎが心地よく、落ち着いた風情の山中の温泉。「龍神」というネーミングからも何となく「日本昔ばなし」の世界を連想させますが、歴史も古く弘法大師(空海)が開湯したとい伝説も。泊まったお宿も国の「登録有形文化財」になっていました。さすが三美人の湯ということで、入浴後はお肌はツルツルスベスベ。そして風呂上がりの地ビール、おそらく近くの川でとれた新鮮な鮎の塩焼き、シカ肉の鍋など料理も大変美味しかったです!普段の生活を離れ、しばし心の洗濯です・・。

c0029281_1912717.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-14 19:15 | 旅行

空海ブーム(その2)。

先週、念願の高野山を訪れてから、”空海マイブーム”に拍車がかかっております。本屋さんで「空海&密教」を特集している雑誌を見つけるたびに誘惑とたたかっています(笑)。「別冊太陽」は高いけど(2,520円)、写真がきれいだしな~・・。

c0029281_16383079.jpg
別冊太陽「空海-真言密教の扉を開いた傑僧」


c0029281_16384527.jpg
芸術新潮 2011年 08月号 「空海花ひらく密教宇宙」


c0029281_16385812.jpg
時空旅人2011年 08月号 「密教~空海の野望と開眼の道~」


空海&密教関連グッズといえば、現在開催中の「空海と密教美術展」@東京国立博物館の展覧会グッズもなかなかの品揃え。来月展覧会に行く予定なのですが、それまでに買いたいものを絞らないと(笑)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-13 17:07 | ★仏像&古寺★

ますます「glee」。

BSプレミアムで放送している「glee」、ますますハマっています。最近は、gleeキャストのツイッター(キャスト同士でツイートし合ったりしてとても仲がいい!)をのぞいて何か最新情報が落ちていないかチェックするのが日課。先日もフィギンズ校長が「Glee shoot for Season 3 Starts August 9, 2011」とツイート。ちょっと前に主要キャストの卒業?降板?騒動はありましたが、新しいシーズンが始まるのは喜ばしいことですね。ますますキャストのツイートフォローが楽しみになってきます。

BSの方は来月でシーズン1の放送が終わるのかな。そのタイミングに合わせたか(?)「glee ザ・コンサート 3Dムービー」が9/23に公開予定。HPを見るとKUNSANの地元では公開しないようですが(泣)、公開に合わせてキャストが来日しないかなーとちょっぴり期待(あ、でもドラマ撮影中か・・・)。

その他、シーズン2のブルーレイ&DVDが12/14リリース予定。それまで待ち遠しいなーと思っていたら、シーズン1のパフォーマンスシーンを抜粋した「glee アンコール ベスト・パフォーマンス」が映画公開日と同日の9/23にリリースされます。まだテレビでは放送されていませんが、特にレディー・ガガの曲のパフォーマンス(第20話)が楽しみ!毎回録画しているのですが、よりきれいな画質で見たいのでブルーレイ版をさっそく予約しました!最近「gleek」(=グリーおたく)化に加速が付いております・・・(笑)。

c0029281_2161792.jpg


(参考)
「glee」オフィシャルサイト
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-08-04 21:09 | テレビ・映画