KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小布施の古刹。

最近のKUNSANの旅には、もれなく観劇or見仏が付いてきます(笑)。もちろん今回の小布施でも古寺仏像を巡ってきましたよ!

まずは、岩松院(がんしょういん)。1472年(室町時代)に開かれた曹洞宗の古刹です。この岩松院には下記の「へぇ~」ポイントがあります。

(その1)本堂天井絵「八方睨み鳳凰図」が葛飾北斎最晩年の作と伝えられている。
(その2)戦国武将福島正則の最期の場所であり、霊廟や遺品が遺されている。
(その3)小林一茶が「やせ蛙 負けるな一茶 これにあり」の句を詠んだ池がある。


一応、ご本尊は釈迦牟尼仏ですが、拝観者の視線は本尊よりも北斎の天井画に集中(笑)。でも、この「鳳凰図」の色彩ってまるでヨーロッパ絵画のように鮮やかでかっこいいです。

続いて、浄光寺薬師堂。岩松院からは徒歩10分ほどの距離にあります。「北斎の天井画」ほどの目玉がないせいか、ここまでたどり着く観光客はあまりいないようですが(笑)、おかげで静かに拝観することができました。

c0029281_19595994.jpg

浄光寺は真言宗豊山派。ということは、弘法大師&密教系ですな。ちなみに豊山派の大本山は先日訪れた護国寺です(「護国寺。」参照)。空海マイブームを迎えているKUNSANですが、小布施にも密教系寺院があったとは驚きました。本堂は天平時代の創建と伝えられ、明治時代に焼失したようですが(その後再建)、薬師堂は室町初期(1408年)の建立。約600年の歴史を持つ重文です。

c0029281_2002895.jpg

石段を登って薬師堂へ。そんなに距離はありませんが、石の大きさがマチマチなので、ロッククライミングのように(?)次に足を乗せる石を瞬時に判断するのが難しいです(←大げさか)。「身をかがめて石段を見上げると、石段の鼻先が一直線に揃っている」という浄光寺七不思議の一つはちょっと分かりづらかったけど(笑)、無造作に積んであるように見える石段がこれまで一度も崩れたことがないというのは驚きです。

c0029281_2005020.jpg

重文の薬師堂。大きく横に張り出した茅葺き屋根が美しいですね。お堂の中には、長野県宝(=県指定文化財?)である「薬師瑠璃光如来十二神将」「日光・月光菩薩像」がいらっしゃいます。堂内をのぞくとセンサーが感知して自動的に照明が付くという、仏像ファンには嬉しい心配り。薬師如来を守る十二神将の配置や動きがとても面白いですね。写真で見ると色も鮮やか。一度、間近で見てみたいものです。

この浄光寺で一番驚いたのは、住職による説明音声。仁王門の所でボタンをポチっと押すと、拝観者のペースに合わせてタイミングのよい&分かりやすい説明がひとしきり流れます(薬師堂付近にもスピーカーが設置されているので、石段を登って薬師堂に到着する間ずっとクリアに聞こえます)。KUNSAN、これまで数多くの寺院を巡ってきましたが、浄光寺さんほど親切な説明音声は聞いたことがありません(笑)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-30 21:11 | ★仏像&古寺★

秋の遠足 in 小布施。

長野県の小布施に遊びに行って来ました!以前、小布施ハイウェイオアシスには立ち寄ったことがあるのですが、本格的に訪れるのは今回が初めて。実は中文老師(=台湾人)に「小布施の栗おこわが美味しい」と教えてもらって以来、「秋になったら絶対行きたい!」とずっと思っておりました。

最初、小布施がこんなに人気のある観光地とは思ってなかったので(すみません・・)、人の多さにびっくり(笑)。ただ、北斎館や有名和菓子店がある中心部からちょっと外れると、栗林をはじめ、りんごやぶどう畑が広がるのどかな風景が広がります。山も近くて、紅葉の時期はきれいに色づくんだろうな~・・。秋晴れの空の下、小布施の街をぶらぶら歩いて散策しましたが、空気も爽やかでまさに遠足日和でした!定番観光スポット以外では、途中フラっと入った6次産業センターが良かったです(探していたものが見つかりました)。

小布施では、念願の(?)の栗おこわ、栗のスイーツを美味しくいただき、そしてお土産に栗ようかん、地酒(=純米吟醸ひやおろし!)を購入。最後にはハイウェイオアシスで、「りんご、そば、おやき」という信州”てっぱん”土産をダメ押しでゲット!普段、旅行(出張)に行ってもあまりお土産を買わないタイプなんですが、なぜか長野に行くと購買アドレナリンが分泌されて、「信州グルメ調達の旅」になってしまいます(笑)。

c0029281_19145828.jpg

栗庵風味堂さん(カフェ)の「栗あん豆乳ソフト」。次はモッフルにもトライしてみたいぞ!

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-30 18:14 | 旅行

Sriracha sauce。

「glee」キャストのJenna(ティナ役)のツイートをチェックしていたら、先週こんなツイートがありました。

c0029281_19283881.jpg

この後、誰が犯人か?みたいな感じで、キャスト同士で盛り上がっていましたが(結局、犯人は誰だったんだろ?サンタナ?)、気になったのは「Sriracha」という言葉。調べてみたら、タイのホットチリソースのことみたいですね(読み方は「シラチャ」「スリラチャ」)。昨日、やまやに行ったら偶然見つけたので、さっそく買って来てみました。

c0029281_1944670.jpg


タイにしては雰囲気がなんか中国(香港)っぽい(笑)。KUNSANが今回買ったのは、通常のシラチャソースよりさらにたっぷり唐辛子が入っている「スーパーホット味」。炒飯、春巻、ポテトフライ、パスタ 、ピザなどに使えると書いてありました。ためしにサラダにちょっとかけてみましたけど、激辛!って感じではなく、スイートチリソースをもうちょっと辛くしたような感じ?なかなかクセになりそうな味です。隣の棚にあった「スーパーガーリック味」も今度買ってこようっと。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-23 20:14 | グルメ

For Good。

先週の名古屋行きの目的は、劇団四季「ウィキッド」@新名古屋ミュージカル劇場の観劇のため。前回観たのは東京在住時だったので(「ウィキッド!」参照)、もう4年も経つんですね~。

<当日の主な配役>
グリンダ=苫田亜沙子
エルファバ=江畑晶慧
フィエロ=北澤裕輔
ネッサローズ=小笠真紀


前回名古屋で四季の「オペラ座の怪人」を観たときには(「オペラ座の怪人」参照)、クリスティーヌ役が沼尾みゆきさんだったので、今回のグリンダもきっと沼尾さんだ!・・と何の根拠もない直感でチケットを取ったんですが、やはり外れましたね(笑)。前回観劇時の濱田エルファバ×沼尾グリンダのコンビが非常に良かっただけに、今回はう~ん・・・って感じかな。残念ながら濱田さんはすでに四季を退団されているそうなので、また機会があれば沼尾グリンダだけでも観てみたいっすね。その他の感想は、大体前回と同じです(笑)。

キャストが誰であれ、やっぱりラストの「For Good」は何度聞いても泣けますね~。KUNSANが個人的に選ぶ「ミュージカルナンバー泣き歌ベスト3」は、「Seasons of Love」(from 「RENT」)、「Someone to wacth over me」(from 「Crazy for You」)、そしてこの「For Good」。そもそも、急に「ウィキッド」が観たくなったのは、ブロードウェイ版のオリジナルキャストであるイディナ・メンゼル(エルファバ)、クリスティン・チェノウェス(グリンダ)が「glee」にゲスト出演していた(「ウィキッドつながり。」参照)というのがきっかけなんですけど、某動画サイトで当時の「For Good」映像を見ていると、二人のケミストリが素晴らしすぎてその場にいないのになぜか泣けてきます。。。「ウィキッド」での共演はもうかなわないにしても、いつか「glee」で(その他の作品でも)再びデュエットを聞かせてほしい二人です。

(おまけ)
(その1)クリスティン最後の「ウィキッド」出演時の「For Good」はこちら。演技ではなく、二人ともほんとに泣いてる??

(その2)ドラマの中ではイディナの娘であるレイチェルとカートのコンビが歌う「glee(第2シーズン)」版の「For Good」はこちら
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-22 20:24 | 演劇・ミュージカル

遠い記憶・・・。

今週末はちょいと名古屋に出掛けていました。今日は昨日と打って変わって、少し暑いぐらいのいい天気。そんな陽気に誘われて、東山動物園まで足を伸ばしてきました。この土日、「名古屋まつり」が開催されていたということで、動物園は本日無料開放、ラッキー!

実はKUNSANの出生地は名古屋。幼稚園の頃まで名古屋に住んでいましたが、父親の仕事の都合で現在地へ引っ越し。何しろ幼少期のことなので、名古屋での記憶というのは極めて断片的なのですが、その欠片の一つが、東山動物園に家族で遊びに来た記憶。当時4~5歳の頃だったかと思いますが(今日の再訪問はものすごーく久しぶりだった訳です)、クマ舎をのぞいた瞬間、「以前にも同じような風景を見たことがある!」とかつての記憶がバッーとフラッシュバックしてきて、思わず泣きそうになりました。。。

c0029281_23392280.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-16 23:47 | 旅行

赤毛のアン。

NHK-BSプレミアムでは、「赤毛のアン」シリーズがハイビジョン・デジタル・リマスター完全版で一挙放送!(以下、個人的な備忘録です・・)

10/10(月) 22:00~ 「赤毛のアン(前編)」
10/11(火) 22:00~ 「赤毛のアン(後編)」
10/12(水) 22:00~ 「続・赤毛のアン アンの青春(前編)」
10/17(月) 22:00~ 「続・赤毛のアン アンの青春(後編)」
10/18(火) 22:00~ 「赤毛のアン アンの結婚(前編)」
10/19(水) 22:00~ 「赤毛のアン アンの結婚(後編) 」
10/23(日) 14:00~ 「赤毛のアン 新たな始まり」


KUNSANの記憶では、「赤毛のアン」「アンの青春」は映画化されていたような気がしますが、その後も続編がいろいろ作られていたんですね。それにしても、アン役のミーガン・フォローズ(アンのイメージにぴったりの可愛い子でした)は今も元気にやってるのかな・・。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-09 23:55 | テレビ・映画

落ちてくる夢。

昨夜、久しぶりに「飛行機が落ちてくる夢」を見ました。

1年に数回は必ず見るんですよね、飛行機が落ちてくる夢を・・・。

(いつもはジャンボ機のことが多いんですが、昨夜はセスナでした。)

不思議なことに、自分が乗っている飛行機が落ちるのではなくて、

道を普通に歩いていたら、ビルの向こうとか、隣町とか・・、

ともかく自分に危害が及ばない程度の中距離内で落ちるんです。

でも、一度だけ乗っている飛行機が落ちて、しかも無事助かったという

夢を観たことがあります。それは、海外ドラマ「LOST」にハマって

いた時期だったからかもしれません(笑)。

普段も高所恐怖症なので、もしかしたら前世で高い所から落ちて

死んだ体験があるのかも(前世の記憶?)。

または、現在の心理状況(どんな?)を反映しているのか。

あるいは、未来に起きる何らかの出来事を予知しているのか?

KUNSANの住む所は、滅多に地震が起こらない地域なのに、

昨夜から軽い揺れが続いていることも関係ある?

夢判断にお詳しい方がいらっしゃったら、是非、

「飛行機が自分の近くに落ちてくる夢」の意味を教えてください。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-10-06 21:31 | 日々雑感