KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

小浜見仏(その4)。

小浜見仏、最後に訪れたのは妙楽寺

c0029281_17421094.jpg

719年に行基が開創、797年に空海が再興したと伝えられています。もちろん高野山真言宗で山号は岩屋山。本堂(重文)は鎌倉時代初期の建立で、厨子の銘によれば、若狭における最古の建造物とのこと。

ご本尊は木造千手観音菩薩立像(重文)。檜の一木造りで伝行基作。これも新TV見仏記で見て非常に印象的だったんですけど、本面の左右に脇面があって(三面千手)、合計すると二十四面もお持ちの千手観音。さすがの重厚感に圧倒されました。仏像の例えとしては不適切かもしれませんが、この重厚感&安定感はガンダムのガンタンクを思い起こしました(笑)。その他、地蔵堂の木造地蔵菩薩坐像(伝恵心僧都作)の意表を突く大きさも印象的でした。

この日、明通寺、羽賀寺、そしてこの妙楽寺と巡ってきましたが、参道~境内の雰囲気はここが一番好きかも。小浜の古刹はどこもそうなんですけど、お寺と仏像と周りの自然が一体化していて、拝観する者を静かに&優しく受け入れてくれている感じがします。妙楽寺さんの梵鐘も「自由についてください」ってあったし(もちろん突かせていただきましたよ。小振りながら澄んだよい鐘の音でした)。

c0029281_19353091.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-30 19:47 | ★仏像&古寺★

小浜見仏(その3)。

小浜見仏、次なる目的地は羽賀寺(はがじ)。個人的には、今回の旅で一番お会いしたかった仏さまです(もちろん、TV見仏記でも取り上げられていました)。
c0029281_21281733.jpg

本尊十一面観音立像。716年、行基がお寺の創建に際して刻んだ像だと言われています。女帝元正天皇の姿を写した像と伝えられるとおり、たおやかで気品ある立ち姿が極めて女性的。光明皇后(=元正天皇の甥であり、元正天皇の次に天皇となった聖武天皇の妃)がモデルと言われる奈良法華寺の十一面観音菩薩立像(国宝)をふと思い出しました。思い込みかもしれませんが、何となく「十一面観音菩薩=女性」というイメージが強いです。羽賀寺には、この十一面観音菩薩の他にも、千手観音立像(重文)、毘沙門天立像(重文)、地蔵菩薩坐像(子安地蔵?)といった名仏たちが揃っておられます。

c0029281_21292145.jpg

本堂(重文)は室町中期の建立。檜皮葺の屋根がバックの緑によく映えます。


(その4につづく。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-28 21:40 | ★仏像&古寺★

小浜見仏(その2)。

さて、小浜見仏スタート。小浜にはとても半日では回りきれないほどの名刹&名仏があるので、今回は「新TV見仏記(福井・小浜編)」を見て、特に興味深いと思ったお寺を優先的に回ってきました。まずは、真言宗御室派 明通寺から。

c0029281_20275755.jpg
鎌倉時代建立の本堂(国宝)。最近屋根の檜皮葺替工事が完了したばかり


c0029281_20281482.jpg
本堂からちょっと見上げれば美しい三重塔(国宝)

創建が坂上田村麻呂と伝えられている点だけでも十分興味深いのですが、このお寺の一番のへぇ~なポイントは、本尊=薬師如来(重文)の脇侍が、降三世明王(重文)と深沙大将(重文)だというところ(一般的に薬師如来の脇侍は日光&月光菩薩。いわゆるお医者さんと看護士の組み合わせ)。特に深沙大将の彫像はあまり数はないはず。直近で深沙大将像を見たのは、去年の8月に訪れた高野山にて(「高野山(その1)。」参照)。最近、国重文に新指定されたばかりで、現在霊宝館で公開中(来年3月まで)とのこと。明通寺の降三世明王立像と深沙大将立像は一木造。そばで見ると大きくて、分厚くて、元はどれだけの大木だったんだろうと感心しました。

ちなみに、福井県にある国宝(2件)は、2件とも明通寺(本堂、三重塔)です。かつて文化財保護の仕事をかじっていたので、国宝を持つことのご苦労、さぞかし大変なことだろう(特に地方の寺院では)とお察しします。。。ということで、わずかながら維持のための一助となればと思い、だるまおみくじ(300円)を購入。だるまは何種類かあったのですが、まゆげ(?)が星一徹みたいだったこれにしました(笑)。ちなみにおみくじの結果は「小吉」でしたが、「思ったように物事が運ばない」とか・・まさにKUNSANの現状を言い当てられて縁起が悪かったので(笑)、結びの塔に結んで帰ってきました。

c0029281_21104580.jpg

(その3につづく。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-27 21:26 | ★仏像&古寺★

小浜見仏(その1)。

先週末は、福井県小浜市へ見仏の旅に出掛けてきました。小浜って言うと、勝手にオバマ大統領を応援しているとか、NHK朝ドラ「ちりとてちん」の舞台だったとか、秋元康夫人の高井ちゃんの出身地だとか、色々トピックスは多い場所ではあるのですが、実は今回が初めての訪問。そのトリガーとなったのが先日リリースされたばかりのDVD「新TV見仏記5 福井・小浜編」。その端正で気品ある古刹&仏像に会いたいと思い、ふと思い立って訪ねてみました。

c0029281_20424675.jpg

「海のある奈良」と称されるほど、小浜には寺院が多い(確か人口あたりの寺院数が日本一?)のですが、観光パンフにも載っている代表的な寺院としては8~10カ所あたりでしょうか?さすがに全部は回りきれず、今回は3カ所のみの見仏となりました。

(その2に続く。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-25 21:19 | ★仏像&古寺★

崖っぷち。

この週末、福井方面へ「見仏&温泉なごみ旅」に出掛けて来ました。見仏=小浜編は改めてアップしますが、今回は東尋坊編。東尋坊と言うと、断崖絶壁、荒れ狂う波、そしていのちの電話・・というイメージがありますが、昨日は波も穏やかで空と海が夕日に染まる美しい風景に、しばし心が洗われました。

c0029281_19184543.jpg


c0029281_1919262.jpg


c0029281_19191848.jpg


c0029281_19193464.jpg

東尋坊には今までに何度も来ているんですが、気のせいか以前来たときより崖の高さが低くなったような?。いつもなら高所恐怖症のKUNSANでも、このぐらいの高さなら何とか崖の突端付近まで接近することが出来ました(さすがに崖の下をのぞき込むような荒技は出来ませんでしたが・・・)。でも、危ないと分かっていながら、つい崖の突端に近付いてみたくなる、崖の下をのぞき込みたくなる人間の心理ってなんなんでしょうね~。

余談ですが、「崖っぷち」と聞くと、条件反射的にみうらじゅん氏を思い出してしまいます(笑)。昔、「いい崖出してるツアー」とかやってましたよね。7月7日公開の映画「崖っぷちの男」に「崖と崖っぷちに造詣が深い」からという理由でみうらさんがインタビューされているこじつけがミョーに可笑しい。

ついでにもう一つ余談ですが、金城武とケリー・チャンが出ていた映画「世界の果てに(原題:天涯海角)」のラストあたりで出てきたスコットランド(?)の断崖は、いつか行ってみたい憧れの「崖っぷち」です。

★6/27追記★
映画「世界の果てに」に出てきたスコットランドの断崖は、Neist Pointという所みたいです。行ってみたいわ~。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-24 19:55 | 旅行
円谷プロのTwitterおよびFacebookをチェックしていたところ、こんな大プロジェクトのニュースが!(詳細はこちら

円谷プロ×WOWOW ウルトラ三大プロジェクト!

その1=「ウルトラマン」 ハイビジョン・リマスター版放送(8/11~18)
    ※ 初回は、7月24日(火)の「ザ・プライムショー200回記念拡大版」で
      先行無料放送される予定。
その2=「ウルトラセブン」 ハイビジョン・リマスター版放送(今冬予定)
その3=「ウルトラQ」 オリジナル・ドラマ「ネオ・ウルトラQ」放送(2013年予定)


以前もWOWOWで「ウルトラQ」のハイビジョンリマスター版を放送していましたが(もちろんブルーレイに永久保存しました!)、スカイツリー(ソラマチ?)にショップ出したり、最近円谷プロが力一杯頑張っているのって来年創立50周年だから?なんにしろ、嬉しいニュースです。特に、以前六本木ヒルズでやっていた「ウルトラマン博覧会」(「ウルトラマン大博覧会!」参照)を観に行った際、「ウルトラセブン」のDVD-BOXが欲しいな~と思いつつも、買おうかどうしようか現在に至るまでずっと迷い続けてていたので、長い間待ってて(迷っていて)よかった~という気持ちです(笑)。

  (おまけ)
c0029281_20574327.jpg

以前、円谷プロ&ウルトラマンの特集をしていたPen+(ペン・プラス) (2012年4月13日号)ももちろん購入しましたよ!
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-19 21:00 | テレビ・映画