KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0029281_14172815.jpg
「ONCE ダブリンの街角で」(2007年・アイルランド・87分)
監督・脚本:ジョン・カーニー、出演=グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ

先月のトニー賞2012で最優秀ミュージカル作品賞、最優秀主演男優賞はじめ8部門を獲得したブロードウェイ版「Once」のオリジナルはこの作品。トニー賞受賞をきっかけに改めて観てみました。ドラマチックな展開があるわけではないけど、いい意味での素人っぽさが逆にリアルで、ある日の「ダブリンの街角」を切り取ったスナップ写真のような作品。そして音楽がまだいいんですよね~。音楽絡みの作品が好きな人(=KUNSAN)なら絶対ハマる佳作。サントラ&主演コンビのアルバムもあわせて楽しみたいですね。

主演コンビはいずれもミュージシャン(歌がうまいのは当然ですね)。男=グレン・ハンサードは、アイルランドの人気バンド「The Frames」のフロントマン。女=マルケタ・イルグロヴァはチェコのシンガーソングライター。この二人、ミュージシャンとしてセッションしたことがきっかけでこの作品で共演することになったというから、まさに国境を越えて音楽が結んだ「縁」というんでしょうか?

KUNSANの印象(多少思い込み?)では、アイルランドの人はみんな音楽が好き&歌が上手い!アイルランド出身のミュージシャン&バンドと言うと、U2、コアーズ、クランベリーズ(最近復活!)、エンヤ、ケルティック・ウーマン、シンニード・オコナーetc.etc.思い浮かぶだけでも蒼々たる顔ぶれ!アイルランドは歴史的にも経済的にも決して恵まれた国ではありませんが、美しい旋律を奏でることのできる人が多い=心の豊かな人が多いということなのでしょう。しばらく収まっていた「アイルランド・マイブーム」がまたぶり返してきて、なんだかアイルランドに行きたくなってきました・・・。

(おまけ)作品中、主演コンビがデュエットした「Falling Slowly」のThe Frames ver.(後ろでピアノ弾いてるのはマルケタ嬢?)


[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-07-22 15:25 | テレビ・映画

2012夏ドラマ。

この3連休、暑くて遠出する気にならなかったので、BDレコーダーに録りだめた夏ドラマなどを消化していました。今のところ、気になる夏ドラマは下記の3本(春ドラマ(「カエルの王女さま」とか)はこのまま断捨離かも・・・)

【KUNSANのちょっと気になる2012夏ドラマ】 ※曜日、時間、放送局は順不同
「トッカン 特別国税徴収官」(脚本:いずみ吉紘、出演:井上真央、北村有起哉、鈴木砂羽、木南晴夏、池田鉄洋、若村麻由美、岩松了)
「サマーレスキュー~天空の診療所」(脚本:秦 建日子、出演:向井理、尾野真千子、小池栄子、松重豊、笹野高史、佐藤二朗、時任三郎)
「浪花少年探偵団」(脚本:吉田紀子 江頭美智留 沼津そうる、出演:多部未華子、小池徹平、山本耕二、斉藤由貴、段田安則、小日向文世、温水洋一、松坂慶子)

KUNSANが「このドラマ観たいなー」と思うキーポイントは、ずばりキャスト(主役以外も)と脚本家。期せずして各ドラマの主役級はNHK朝ドラ出身者が多いですね(笑)。中でも演劇&舞台好きには「トッカン」のキャスティングが非常に魅力的。いっそこの面子で舞台やって欲しいくらい(演出はもちろん岩松さんで)。

舞台といえば、今度大人計画の「フクスケ」に出演する多部ちゃん(ドラマの撮影と稽古と掛け持ちですかね?)。「鹿男あをによし」以降、多部ちゃんの作品には無条件でチェックが入ります!今回の「浪花少年探偵団」、正直「デカワンコ」のテイストの方が好きですけど(笑)、豪華な子役陣(大人キャストも何気に豪華)、松坂慶子や斉藤由貴にも大阪のおかんファンションをさせてしまう大胆さ、豪華なキャストにかかわらずそこはかとなく漂うチープ(?)さがすごい!もしかしたら、ハマリ度では意外に「浪花少年探偵団」が一番かもしれません(笑)。

その他、10月から第2シーズンが始まる「勇者ヨシヒコと魔王の城」にハマっているKUNSANとしては、「トッカン」の木南晴夏ちゃん、「サマーレスキュー」の佐藤二朗さんも個人的に注目したいと思っています。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-07-16 21:00 | テレビ・映画

バースデー休暇。

本日KUNSANの誕生日。今年もこうやって誕生日を迎えられたことに感謝です。で、今年の自分への誕生日プレゼントは、「休暇」。今年の夏は仕事で多忙になる見込みなので、ある意味これが一番贅沢なプレゼントかも・・。今日一日たっぷり充電しましたので、また明日から頑張りたいと思います。ということで、ツイートで振り返る今年の誕生日。

続きはこちら。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-07-04 23:45 | 日々雑感

モトウタ(その7)。

※ 多少ネタバレあります。

「glee」のパフォーマンスのオリジナル、いわゆる「モトウタ」をKUNSANの独断と偏見と好みでピックアップするシリーズも今回で7回目!本国「glee」の方は5月に第3シーズンが終了し、新しいシーズンに戻ってくるのか未確定なキャストも含め、それぞれ「glee」以外の仕事やバカンスを楽しんだりしている模様。でも、レイチェル演じるLeaちゃんのツイートによれば、あと3週間ほどで第4シーズンの撮影がスタートするんだとか。その前に、当初は不参加が伝えられていた「Comic Con」(キャストでは、Lea、Cory、Naya、Kevin、Jennaが参加予定。ということはこの5人は第4シーズンに戻ってくることが確定?)で新シーズンの話などちょっと聞けるかもしれませんね。

さて、今回のモトウタは今夜22:00からFOXで放送予定(今日はスカパー!無料デーだからTVで見られるわ~)の第3シーズン18話(原題は「Choke」)から。


「Shake It Out」 by Florence + The Machine

Florence + The Machineの曲と言えば、「モトウタ(その1)。」でも「Dog Days Are Over」を紹介しましたが、曲やPVの世界観が不思議&神秘的ですよね。春先に来日を果たしたということもあって、日本の公式サイトもオープンしています。

ティナ役のJennaがFlorence+The Machineやこの「Shake It Out」が好きだったらしく、レコーディング時期のツイートでも「このシーズンずっと歌いたかった曲をやっと歌えた!」と喜んでいる感じだったので、てっきり第1シーズンの「True Colors」以来のティナのソロ!?と思ったんですが、オンエア時ではサンタナ、メルセデスとトリオでのパフォーマンスでした。それでも、ND女性陣の歌ウマ上位3名(レイチェルは別格として)によるコーラスは、エピソードの内容とも相まって、モトウタとはまた違う味わいの感動的なシーンでした(「glee」版はこちら)。個人的には、「glee」第3シーズンのパフォーマンスの中で一番好きかも。ちなみに、Acapella版で聞くと、三人のきれいなハーモニー(これぞ「glee」とい感じ!)がより際立ちます。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-07-01 19:43 | テレビ・映画