KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

三谷幸喜の日。

今年は生誕50周年&新作映画が公開中ということで、最近やたらと露出の多い三谷幸喜氏。WOWOWでは、11月3日は「三谷幸喜の日」と題し、3チャンネル(プライム&ライブ&シネマ)ぶち抜きで特集を組むらしいです。

正直言うと、それほど三谷作品のファンという訳ではなく、「面白そうだな~」とアンテナに引っかかったものしか見ていませんが、以前、シアタークリエのこけら落とし公演だった「恐れを知らぬ川上音二郎一座」の観劇以来、舞台作品には一応チェックが入りますね(笑)。ありえないような顔合わせのキャスト陣で繰り広げる「豪華な学芸会」といった感じです。ちなみに、「三谷幸喜の日」に先駆けて放送していた「コンフィダント・絆」、「12人の優しい日本人」、「オケピ!」はすでに録画済みです。

そして、11/3(木)15:00からは「ペッジ・パードン」がプライム枠で放送されます!つい最近公演していた気がするんですけど、もうWOWOW登場とは嬉しいかぎり!しかも、野村萬斎、深津絵里、大泉洋、浦井健治、浅野和之とKUNSANが好きな俳優さん達が見事なまでに勢揃い。特にKUNSANが気になる俳優NO2(NO1は升毅さん)である浅野和之さんは、三谷作品における「ミョーな存在感」にいつも釘付けです(笑)。その他に気になるのは、「薔薇サム」のシャルル王子こと、浦井健治くん。これまでミュージカル系の作品でしか観たことがないので、現代劇でどういうお芝居をするのか非常に楽しみですね。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-11-03 00:29 | 演劇・ミュージカル

デカワンコ。

多部未華子ちゃん主演の土9ドラマ「デカワンコ」、初回見たときは「何じゃこりゃ!」って感じだったんですけど(笑)、とりあえず3話まで見てみました。最近警察を舞台にしたドラマが多いですが、週末にボッーと見るにはこれぐらいユルいのがちょうどいいかも。

昨日もちょっと触れましたけど(「スズキさん。」参照)、「農業少女」(作:野田秀樹、演出:松尾スズキ)以来、最近多部ちゃんが気になってます。共演陣も「農業少女」でも多部ちゃんと共演していた吹越満さん、KUNSANが敬愛する伊東四朗さん、気になる俳優No1の升毅さん・・・とKUNSANのツボをくすぐるキャストが勢揃い。しかも脚本は「スチュワーデス刑事」の伴一彦氏となれば、多少突拍子がなかろうが、リアリティがなかろうが最後まで付いていきます!という感じ(笑)。

多部ちゃんは一見優等生っぽいイメージがあるんですけど、実はコメディ好き?オフィシャルサイト内のフォト日記「Tabesha(NO247)」で描かれていた自筆ムーミンもかなりインパクトありました(笑)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-01-30 20:15 | テレビ・映画

名探偵 鼻血小五郎。

以前も書きましたが、現在「イケ麺そば屋探偵~いいんだぜ!」「秋ドラマ。」参照)のアホっぽさ加減(笑)にハマり中。色々調べているうちに、過去の伝説的コント番組に行き当たりました(下記に列挙)。そうか、何とも言えない空気感を生み出していた古田&生瀬コンビには長い歴史があったのね・・。

(↓イケそばの元になっているシットコム)
「ホレゆけ!スタア☆大作戦~まりもみ危機一髪!~」(第1シーズン)
「ホレゆけ!スタア☆大作戦~まりもみ一触即発!~」(第2シーズン)

「未確認飛行ぶっとい」(1991.4~1992.3)
「ムイミダス」(1990.4~1991.3)
「現代用語の基礎体力」(1989.4~1990.3)
「週刊テレビ広辞苑」(1988.4~1989.3)

「現代用語の基礎体力」「ムイミダス」「未確認飛行ぶっとい」には、生瀬勝久(当時は槍魔栗三助)、古田新太羽野晶紀、そして升毅といった当時の関西学生演劇の人気役者たちが劇団を超えて出演。Youtubeで当時の映像を見始めたら面白くてやめられない止まらない状態です(笑)。特に、KUNSANの気になる俳優NO1である升毅さん、「現代用語~」のコントで「名探偵 鼻血小五郎」(怪人は生瀬さん)を演じているのですが若い!&かっこいい! いやいや、升さんだけじゃなくて、生瀬氏や古田氏もピッチピチですわ(笑)。羽野晶紀ちゃんはあまり変わってないかな。。それにしても、今では日本の演劇界を代表する個性派&演技派のこの面々が若いときにはこんなにもくだらない(笑)コントを繰り広げていたとは何とも微笑ましいかぎり。

ちなみに、数年前に「現代用語の基礎体力」のDVDが発売、そして当時のメンバーが再結成した「現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑」が放送→DVD化されています。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2010-11-13 21:31 | テレビ・映画

復活!ブラタモリ。

先日、戸田恵子さんのブログをのぞいてみたら、あの「ブラタモリ」が復活するそう!(戸田さんはナレーターをされています。)第2シリーズの初回は10月7日(木)22:00から。また東京が舞台なんでしょうか?以前も書きましたが(「ブラタモリ。」参照)、今度はジョージ(=吉祥寺)あたりをブラっとして欲しいな~。

最近のお気に入りのNHK番組は、上戸彩ちゃん主演ドラマ「10年先も君に恋して」かな。脚本が「風のハルカ」「プール」大森美香さんですからねー。きっと面白いはず!(だからと言って、月9ドラマの方は見てないですけど)。藤竜也さん、渡辺いっけいさんはハルカつながりで出演ですね。内野さんは「不機嫌なジーン」か。KUNSANの好きな升毅さんも出て欲しいなあ・・・。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2010-09-08 20:36 | テレビ・映画

天使のわけまえ。

今日はあまりの暑さに外出する気も失せ、たまった録画ドラマなどをダラダラと見ておりました。

以前の記事(「夏ドラマ。」参照)でもチェックしていた「うぬぼれ刑事」、第2回まで見ました。なまじ「時効警察」を見ているためか、ストーリー展開に斬新さは感じないんですけど、荒川良々、皆川猿時など大人計画関係者(平岩紙ちゃんも出ないかな~)、そして前回は新感線の橋本じゅんさんもチラッっと出演、新感線の舞台を踏んだことのある生田斗真くんと絡んでいたりして、演劇ファンにはツボ多しかもしれませんねー。来週の予告を見たら、KUNSANの気になる俳優ナンバー2の浅野和之さん(ちなみにナンバー1は升毅さん)がゲスト出演ということで、気付いたら毎週見ちゃうんだろうなーという予感。。。

意外に面白くてハマりつつあるのがNHKの「天使のわけまえ」。かつて美少女ぶりで人気だった観月ありさ&ともさかりえが30代の女性を演じるようになった時代の流れに感慨深いモノを感じつつ(笑)、最近の流行りである「食=癒し」のテーマには、どうも弱いKUNSANです。フードスタイリストは、小林聡美主演「かもめ食堂」&「めがね」&「プール」も手がけた、売れっ子フードスタイリストの飯島奈美さん。あー、何だか太巻きが食べたくなってきた(笑)。

その他、今夜からスタートする「GM~踊れドクター」もKUNSANが好きな桔平、生瀬さん、そして多部ちゃんが出るので気にはなってるんですけどヒガシだからな~。どうもKUNSAN、生理的にダメなんですよね、ヒガシ。。。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2010-07-18 20:16 | テレビ・映画
NHKの土9ドラマ「チェイス~国税査察官~」、最終回見ましたー。劇団☆新感線の「五右衛門ロック」DVD(「五右衛門ロック。」参照)を見てしまったからには、主演の江口洋介が、ギター侍=左門字にしか見えない(笑)。ドラマはまあまあ面白かったです。菊地成孔さんの音楽も良い意味で耳障りだったし(笑)。それにしても、所詮公務員でしかない国税査察官が江口洋介のようにあんなにかっこよく活躍するのか?という疑問。そして、NHKなのに登場人物がほぼ毎回死んでいたのが印象的でした。

このドラマで楽しみだったのが、ドラマ出演が稀な麻生久美子ちゃん。今回はある意味、悪女?犯罪者?KUNSAN的には、最後の最後でお金を全部持ち逃げしちゃう、いわば峰不二子的な麻生さんを期待していたんですけど、基本はいい人だったみたいですね。麻生さんと言うと、オダギリジョー氏との名コンビが大好きだった「時効警察」シリーズ。7月からオダギリ氏と「時効警察」の三木聡監督が再びタッグを組んだドラマ「熱海の捜査官」が始まるみたいですね。「時効警察」の続編って訳ではなさそうなので、麻生さんの出演はどうなるか分かりませんが、少なくとも三木ファミリーのお馴染みの面々=岩松了(そういえば、「チェイス~」の方もちらっと出演していましたね)、ふせえり、笹野高史などなど出てくれるかなー。今回はKUNSANの好きな升毅さんに是非出演して欲しいです!
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2010-05-24 23:43 | テレビ・映画
c0029281_017412.jpg
三谷幸喜作・演出「恐れを知らぬ川上音二郎一座」(@シアタークリエ)を観てきました~。ちょっと長かったけど(7:00開演、10:20終演・・)、芸達者な役者揃いで非常に楽しい舞台でした。まるで豪華な学芸会を観た気分(笑)。

(12/6追記分)
一夜明けて・・・今日1日、KUNSANの頭の中には「小さいけれどぉ~、消臭プラグ~♪」のエス○ーのCMソングが鳴り響いておりました(笑)←殿役の今井朋彦さんご出演ゆえ。蒼々たるキャストの中でも、特にKUNSANのツボだったのが浅野和之氏です!「有頂天ホテル」の時にもちょっと気になっていたんですが、演技が細かいんだ(笑)。KUNSANの気になる俳優ナンバー2(ナンバー1はやっぱり升毅さん)に急上昇です。すっかり三谷組の一員戸田恵子さんを生舞台で見るのは、「ザ・ヒットパレード!」「LIVE SHOW アクトレス」に引き続き、今年3度目ですねー。ということは、「ヒットパレード」で似てないザ・ピーナッツを演じていた堀内敬子&瀬戸カトリーヌも2回目ということか。川上音二郎&貞奴を演じたユースケも常磐ちゃんも熱演でしたが、この舞台で一番汗かいてたのは、最年長の巨匠=マチャアキでしょう!昨日の公演でちょうど折り返しだったそうですが、楽日まで倒れないようにがんばってほしいです(笑)。

シアタークリエは、先月オープンしたばかり。この公演がこけら落としとなります(ちなみに、道を挟んで向かいには「東京宝塚劇場」があります)。当たり前ですが新しくてきれい&いい感じにこぢんまりしていましたね。今回の公演でも役者さん達が通路を縦横無尽に歩いたり、走ったり・・・劇場そのものが作品の一部となっていて、まさに「参加型」の楽しい舞台でした。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-12-05 23:12 | 演劇・ミュージカル

Happy Half Century!

c0029281_11334171.jpg
昨夜は仕事帰りに、戸田恵子 Live Show 「ACTRESS」(@草月ホール)に行ってきました。7月に「ザ・ヒットパレード」を観た勢いで思わず買ってしまったんですが(笑)、いやー、楽しかったです。そして、戸田さんの交流関係の広さを示すようなお花の数々。「純情きらり」で共演した宮崎あおいちゃんや、「ザ・ヒット~」の原田泰造氏から・・・ん?ヒッパレつながりならもしかして・・・と周りを探してみたらありました!升毅さんのも(笑)。MCではアンパンマンファミリーの友情出演もありました。

50歳のバースデー(9/12に迎えたばかり)を自ら祝うかのような戸田さんのLive Showは二幕で構成。一幕=デビューから現在までの歩みを過去の出演作のパフォーマンスと私生活の告白(?)を交えて振り返るもの。二幕=9/5にリリースされたばかりのCD「ACTRESS」の収録曲をアルバム製作秘話を交えながら披露、といった感じ。(そうそう、弾き語りにも果敢にチャレンジしてました。昨夜の自己採点は何点だったのかな?)「ザ・ヒットパレード」の時も思いましたが、ほんとこの人は歌が上手いですね。しゃべりもおもろいし、何より50歳とは思えない体のキレ(笑)。女優、声優、歌手・・という肩書きにはまらない、まさに”エンターテイナー”だと思います。今後も切れまなく舞台のスケジュールが詰まっているようですが、KUNSANは三谷幸喜演出の「恐れを知らぬ川上音二郎一座」が楽しみだな(ふふふ、チケットもゲットしました!)。

さて、Liveの合間にもさかんにプロモしていた新CD「ACTRESS」。買うつもりはなかったんですが、伝説巨神イデオンの「コスモスに君と」が収録されていることを聞き、ガンダムよりイデオン派だったKUNSANは思わず買ってしまいました(笑)。でも、「のっこのわがままブギ」(三谷幸喜・宇崎竜堂)、「ささやかなジュテーム」(秋元康)、「強がり」(中村中)など、バラエティに飛んだ味わい深い歌が並んでいます。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-09-15 12:19 | 音楽

ザ・ヒットパレード!

c0029281_19474598.jpg
仕事と中国語の勉強に追いまくられた日々を送っているKUNSANですが、東京に来てマジで良かったのは好きなミュージカル&演劇をたくさん見られること!今月から8月にかけては「観劇強化月間!」ということで、今日はテアトル銀座にて、戸田恵子&原田泰造主演の「ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫」を見てきました。

数々のスターを世に送り出したナベプロこと渡辺プロダクションの創立者渡辺晋と美佐夫妻の愛情物語を往年のヒット曲に乗せて辿っていく、というストーリー。第一幕はやたら歌のシーンが多いので果たして最後まで飽きずに見ていられるかと思いましたが、二幕はちゃんとドラマになっていて、笑いあり涙ありのミュージカルの王道で、三時間弱という上演時間の長さも気にならない楽しい舞台でした。歌が中心のショーということもあって、生ビッグバンドも聞き所のひとつ。バンマスは宮川彬良氏。最後にカーテンコールで挨拶したときは、一瞬假屋崎省吾かと思ってしまいましたが・・・。

戸田恵子さんは、思っていた以上に小柄で華奢。それでもパワフルな歌唱力&存在感が印象的でした。それにしてもここ数年の彼女の活躍ぶりというか、働きぶりはすごいですね。9月にもショーがあるらしいので見に行こうかな。原田泰造は・・あんなもんかな(ネプチューン自体に興味がないもので・・・)。堀内敬子&瀬戸カトリーヌの似てないザ・ピーナッツもなかなか可愛かったです。特に瀬戸カトリーヌは、テレビのコメディキャラのイメージが強かったので、あんなに歌える人だとは思っていませんでした。

しかし、どんなキャストよりもKUNSANのハートをロックしたのは、升毅さん!なんか気になるというか、ツボなんですよね~(笑)。今日は生のお姿だけでなく、歌って踊る升毅さんを見ることができて幸せな日でした。ブログによると、酸素カプセルで疲労回復されているとか。千秋楽まで頑張ってください。。。

升毅ブログ
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-07-22 20:40 | 演劇・ミュージカル

帰ってくる?時効警察。

「帰ってきた時効警察」が終わっちゃいましたね~。最終回は三木監督の演出ということもあって、三木作品でお馴染みの松尾スズキ(「イン・ザ・プール」)、升毅(「亀は意外に速く泳ぐ」)、笹野高史(「ダメジン」)といった豪華なゲスト陣がKUNSAN的にツボでした。それにしても、1週間の終わりにほっとして、ビールを飲みながら時効警察を見るのが、時効の・・・じゃなくて至高の幸せだったのになー・・・。ま、でも、早めにDVDの発売も決まったみたいだし(9/28)、それまでは録画した分をリプレイ&サントラを聴いてつなぐとしますか。
c0029281_1856322.jpg
↑「帰ってきた時効警察」サントラのB面? 時効警察の他、三日月ちゃんの歌や過去の三木作品のサントラも入っているちょっと多めの1枚です。

そうそう、熊本さんこと岩松了監督による映画「そして夏がきた」には、オダギリジョー、麻生久美子はじめ、江口のりこ、光石研といった時効の面々も出演するようです。この作品の公開も楽しみですね。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2007-06-10 19:06 | テレビ・映画