KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

タグ:見仏記 ( 28 ) タグの人気記事

小浜見仏(その2)。

さて、小浜見仏スタート。小浜にはとても半日では回りきれないほどの名刹&名仏があるので、今回は「新TV見仏記(福井・小浜編)」を見て、特に興味深いと思ったお寺を優先的に回ってきました。まずは、真言宗御室派 明通寺から。

c0029281_20275755.jpg
鎌倉時代建立の本堂(国宝)。最近屋根の檜皮葺替工事が完了したばかり


c0029281_20281482.jpg
本堂からちょっと見上げれば美しい三重塔(国宝)

創建が坂上田村麻呂と伝えられている点だけでも十分興味深いのですが、このお寺の一番のへぇ~なポイントは、本尊=薬師如来(重文)の脇侍が、降三世明王(重文)と深沙大将(重文)だというところ(一般的に薬師如来の脇侍は日光&月光菩薩。いわゆるお医者さんと看護士の組み合わせ)。特に深沙大将の彫像はあまり数はないはず。直近で深沙大将像を見たのは、去年の8月に訪れた高野山にて(「高野山(その1)。」参照)。最近、国重文に新指定されたばかりで、現在霊宝館で公開中(来年3月まで)とのこと。明通寺の降三世明王立像と深沙大将立像は一木造。そばで見ると大きくて、分厚くて、元はどれだけの大木だったんだろうと感心しました。

ちなみに、福井県にある国宝(2件)は、2件とも明通寺(本堂、三重塔)です。かつて文化財保護の仕事をかじっていたので、国宝を持つことのご苦労、さぞかし大変なことだろう(特に地方の寺院では)とお察しします。。。ということで、わずかながら維持のための一助となればと思い、だるまおみくじ(300円)を購入。だるまは何種類かあったのですが、まゆげ(?)が星一徹みたいだったこれにしました(笑)。ちなみにおみくじの結果は「小吉」でしたが、「思ったように物事が運ばない」とか・・まさにKUNSANの現状を言い当てられて縁起が悪かったので(笑)、結びの塔に結んで帰ってきました。

c0029281_21104580.jpg

(その3につづく。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-27 21:26 | ★仏像&古寺★

小浜見仏(その1)。

先週末は、福井県小浜市へ見仏の旅に出掛けてきました。小浜って言うと、勝手にオバマ大統領を応援しているとか、NHK朝ドラ「ちりとてちん」の舞台だったとか、秋元康夫人の高井ちゃんの出身地だとか、色々トピックスは多い場所ではあるのですが、実は今回が初めての訪問。そのトリガーとなったのが先日リリースされたばかりのDVD「新TV見仏記5 福井・小浜編」。その端正で気品ある古刹&仏像に会いたいと思い、ふと思い立って訪ねてみました。

c0029281_20424675.jpg

「海のある奈良」と称されるほど、小浜には寺院が多い(確か人口あたりの寺院数が日本一?)のですが、観光パンフにも載っている代表的な寺院としては8~10カ所あたりでしょうか?さすがに全部は回りきれず、今回は3カ所のみの見仏となりました。

(その2に続く。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-06-25 21:19 | ★仏像&古寺★

隠れた仏たち。

c0029281_1750236.jpg
「隠れた仏たち」(松本包夫:著、井上博道:写真)

ちょっと前に写真家・井上博道氏の展覧会(「井上博道の眼(まなこ)展」を見に行った際に購入しました。タイトルどおり、国宝や重文クラスのメジャーどころだけではなく、市町村指定クラスのローカルな(と言っても決して優劣の話ではなく、より地元の人とのつながりが深いという意味)隠れた名仏が数多く紹介されています(一部、「見仏記」でも取り上げられているブツもありましたね)。

中でも興味を引かれたのは、松尾寺(奈良)の大黒天さま。普通「大黒さま」と言うと、「温和な小父さん」というイメージですが、松尾寺の大黒天は、苦み走ったチョイ悪系(笑)。そもそも大黒天のルーツはヒンドゥー教の破壊&戦闘を司る神(マハーカーラ=大暗黒)。それが中国を経て日本(密教、仏教、神道)へ伝わり、最終的には七福神へと転じたみたいです。つまりは厳しい顔をされている大黒様ほど、よりオリジナルに近い&古いタイプだということ。KUNSAN、以前から「大黒天」(「三面大黒」「走り大黒」とか)に興味があるので、いつか松尾寺の大黒天さまにもお会いしたいなーと思います。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2012-03-18 20:04 | ★仏像&古寺★

アキナラ(その4)。

長谷寺から秋篠寺へ。みうらじゅん氏&いとうせいこう氏の「見仏記」シリーズ最新刊は、この秋篠寺からスタートしてました(理由は「あ」が付くから・・?)。秋篠寺は近鉄大和西大寺駅からバスで4~5分ほど、徒歩でも15分ぐらいの距離です。車の往来も激しい住宅地の中にあるとは思えないほど、境内は穏やかな静寂に包まれていました。こういう雰囲気好きだな~。

c0029281_19112880.jpg
雑木林の中の苔のじゅうたん


c0029281_1755357.jpg
本堂(国宝)。鎌倉時代の再建ですが、雰囲気は奈良っぽい。

本堂内には、本尊薬師如来像を中心として日光・月光菩薩、十二神将、愛染明王、不動明王、そして今回のお目当てである「技芸天立像(重文)」など蒼々たるメンバーがズラリと居並んでいます。技芸天は、頭部は天平時代、体部は鎌倉時代の作(とは言っても、あまり違和感は感じません)。腰をちょっとひねってリラックスしているところが、他の仏像とは雰囲気が違います。秋篠寺の技芸天(=芸術をつかさどる仏様)は、礼拝像としては国内で唯一残る技芸天とのこと。これといった芸のないKUNSANですが、一応、芸(世渡り芸?)の上達をお願いしておきました。

技芸天ももちろん素晴らしかったのですが、本堂の一番左隅でミョーな存在感を醸していた「五大力菩薩」も印象的。秋篠寺の秘仏である「大元帥明王」(6月6日のみ一般公開)も写真で見ると恐ろしい表情をしているし、かつて真言宗寺院であったためか密教の影響が今も色濃く残っている感じ。落ち着いた雰囲気のお寺とはミスマッチな怒りの密教仏。何だか不思議なお寺でした。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-12-04 19:50 | ★仏像&古寺★

ぶらり旅篇。

みうらじゅん&いとうせいこうの仏友コンビによる見仏記シリーズの最新作「ぶらり旅篇」をゲットしました!

c0029281_23185547.jpg

まだ冒頭の奈良パートしか読み進めていませんが、やばい、奈良に行きたくなってきた(笑)。前回の訪問は、昨年9月だったので(「バテナラ2。」参照)、もう1年以上経ったんだね~。そろそろ奈良に行かねばナラぬ!行きたい寺はたくさんありますが、やっぱり、「あ」の付くお寺かな・・?
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-11-03 23:28 | ★仏像&古寺★

護国寺。

先週上京の折、護国寺に立ち寄ってきました~。思いの外、でかいお寺でびっくりしました。

c0029281_1914849.jpg

護国寺は、5代将軍徳川綱吉の母、桂昌院の発願により創建された真言宗豊山派の大本山です(ちなみに総本山は奈良の長谷寺)。真言宗ということで仁王門の前には弘法大師霊場の碑がありました。護国寺は、皇族や有名人のお墓があったり、尾崎豊や最近では児玉清さんのお葬式が行われた所として知られていますね。KUNSAN、かつて東京勤務だったときに有楽町線で通勤していたのですが、護国寺といえば通過駅という認識しかなくて(笑)、お寺の境内まで入ったのが実は今回が初めてでした。そういえば、東京を引き揚げる前夜に友人と飲んだのは護国寺だったな・・・(「いろいろさよなら・・・(その2)」参照)。

お目当ては、桂昌院の念持仏で天然琥珀のご本尊=「如意輪観世音菩薩」。普段は御前立が置かれているのですが、訪れた日(18日)がちょうど月次御開帳の日にあたっていたらしく、ラッキーにもご本尊を観ることができました。あまり古い仏像がない東京で平安時代のブツを拝むことができたし、東京に住んでいた間に護国寺を訪れることができなかったことがちょっだけ心に引っかかっていたので、今回真夏のような暑い日でしたが、頑張って出掛けて行ってよかったです。。。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-09-25 20:21 | ★仏像&古寺★

「空海と密教美術展」。

ついに行って来ました~、「空海と密教美術展」@東京国立博物館(~9/25)。

c0029281_1649294.jpg

昨年の「東大寺大仏展」(「エドナラ。」参照)で告知チラシを目にしてから足かけ1年、空海関連書籍&雑誌を購入したり、空海ゆかりの地(四国、高野山etc.)などを訪れたり、空海マイブームのクライマックスともいえるこの博覧会!いや~、堪能しました。

国宝・重文率が約99%というハイレベルな博覧会。出展品すべてが貴重な文化財ではあるのですが、仏像好きのKUNSANとしては、特に第2会場が良かったなー。8月に高野山を訪れた時にはこの博覧会に出展されていたために見られなかった「大日如来坐像」(金剛峯寺)や京都醍醐寺の「五大明王像」、そして何と言っても、東寺講堂の立体曼荼羅21体のうち8体が出張してきた仏像曼荼羅ゾーンが素晴らしかった!雰囲気のあるライトに照らされたそれぞれの仏像を360度じっくりと鑑賞できるのがいいですよね(象や水牛さんのおしりまで!)。特に梵天様帝釈天様は普段は薄暗い講堂の奥の方にいらっしゃるのでよく見えなかったりするのですが、今回は外タレ並にライトを当ててもらって、やはり文句なく「イケメン」なんだと再認識しました。そして、KUNSANが数ある仏像の中で一番好きな持国天様の立ち姿のかっこよさ!前から見ても、後ろから見ても抜群のスタイルの良さでしたね。

ちなみにKUNSAN、先月高野山に行った帰りに京都の東寺にも寄り道して来たのですが、当然ながら8体も出張中の講堂はスカスカ状態でした(笑)。展覧会を終えて東京出張組が帰ってきたら、居残り組から「お前達だけいい思いして・・・」と文句が出ないか心配(笑)。是非居残り組にも別の機会にスポットを当てて欲しいものです。

c0029281_17395645.jpg

[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-09-19 17:55 | ★仏像&古寺★

四国旅行(その6)。

四国旅行の後半戦は、折しも接近しつつあった「台風6号」との追っかけっこ。室戸岬に着く頃には空はどんより曇り、風は強まり、波は激しくうねり、まさに嵐の予兆。。。岬という陸地の先っぽにいるだけに、なおさら「世界の最果て」感を感じます。。。



室戸岬は若き空海が修行した地として有名ですが(「四国旅行(その1)。」参照)、こんな人も太平洋を見下ろしています。

c0029281_14342812.jpg

坂本龍馬の盟友だった中岡慎太郎(公式サイトはこちら)。室戸の生まれというわけではないのに(北川村出身)、なぜに室戸岬に立っているのかいまいち分かりません。。。以前、「桂浜に立つ坂本龍馬像とこの慎太郎像は同じ方向を見ている」という噂もありましたが、検証の結果、二人の視線は全く絡んでいないいそうです。

室戸には、四国八十八箇所霊場第24番札所の「室戸山明星院 最御崎寺(ほつみさきじ)」があります。

c0029281_192177.jpg

明星院というのは、空海が御厨人窟で修行中に「空に輝く明星が飛来して空海の口に飛び込んだ=悟りをひらいた」という伝説にちなんだのでしょう。最御崎寺には、「石造如意輪観音半跏像」「木造薬師如来坐像」「木造月光菩薩立像」といった国重文の仏像がありますが、残念ながら一般公開はされていないそう。。。余談ですが、現在BS11で放送されている「四国遍路寺~同行二人」で、ちょうど前回最御崎寺の住職が出てらっしゃいました。見仏記のみうらじゅん氏的にいうと、なかなかの「イケ住」でした(笑)。

嵐近づく室戸岬を後にして、その日の宿がある奈半利方面へ。途中、道の駅「キラメッセ室戸」のレストラン「食遊 鯨の郷(いさのごう)」で夕食を取ることに・・・。

c0029281_15361069.jpg

「鯨竜田揚げ定食」、大変美味しゅうございました!鯨肉を食すのは小学校の給食以来?すごく懐かしい味でした。クジラ料理を堪能して外に出ると、ちょうど日の入りの時間。水平線に沈む夕日を眺めて、しばしマッタリ・・・。

c0029281_15405844.jpg


(その7につづく。)
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-07-31 15:50 | 旅行

週末備忘録。

次の土日にはとあるイベント(!)があるため名古屋に行きます。でも、この週末は見たい番組が多いんだよな~・・ということで、録画セットのための個人的な備忘録。

・6/25(土) 22:00~ NHK-BSプレミアム 「琉球ロマネスク テンペスト」
=仲間由紀恵ちゃん主演の舞台(舞台版HPはこちら)。7月からはBS時代劇「テンペスト」としてドラマ化。もちろん主演は仲間ちゃん。キャストも、BSドラマにしてはもったいないほどの豪華な顔ぶれ。主題歌も安室ちゃんです。

・6/26(日) 10:00~ WOWOW 「ウルトラQ ハイビジョンリマスター版」
=第1・2話を先行無料放送。KUNSAN、実はウルトラマン好き(笑)。以前、六本木ヒルズでやってたウルトラマンの博覧会にも行きました(「ウルトラマン大博覧会!」参照)。

・6/26(日) 20:00~ BSイレブン 「国東半島 千年ロマン~悠久の仏像たち~」
=第1回は「豊後高田・珠玉の仏像たち」(全3回)。最近、仏像スポット=国東半島が気になってます。

そして、名古屋に行ったら行ったで、戸田恵子さんが出てる東海地方ローカル番組「幸せの黄色い仔犬」も是非チェックしたいですね~。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-06-23 21:36 | テレビ・映画

TV見仏記10周年!

関西テレビで「TV見仏記」の新作が放送されているようですね。

2/5(土) 25:35~26:35
「TV見仏記なんと10周年記念スペシャル! 新TV見仏記 京都編」
 (神護寺 西光寺 長講堂 福田寺 宝福寺)

2/12(土) 25:35~26:35
「TV見仏記なんと10周年記念スペシャル! 新TV見仏記 奈良・斑鳩編」
 (興福寺 額安寺 吉田寺 融念寺 中宮寺)


関西ローカルなので、残念ながらKUNSANは視聴できず。そういえば昨夜、いとうせいこう氏も「俺も見たい・・」とツイッターでつぶやいてました(笑)。残念ですけど、DVDの発売(5/27)を首を長くして待つことにしましょう!現在、DVD特製TシャツとDVD2枚(京都編、奈良・斑鳩編) の初回限定スペシャルパックの予約受付中。KUNSANはパックじゃなくてもいいかな(笑)。いとうせいこう氏のツイッターによると、映像だけでなく本(見仏記・ぶらり旅編)の方も執筆しているような気配。DVDとどちらが先に出るか分かりませんが、KUNSANもそろそろ見仏ぶらり旅に出たくなってきました・・・。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-02-06 13:37 | ★仏像&古寺★