KUNSANのType-B的ダイアリー

kunsan.exblog.jp

B型KUNSANのB級的ブログ。最近ツイッターもやってます。

ブログトップ

トニー賞授賞式2011。

第65回トニー賞授賞式@NY・ビーコンシアター。せっかくのライブ放送なのに、川平ジエイの紹介とか不要な映像が多すぎ・・・とか不満もありますが、録画を取り急ぎチェックしました。まずは主要部門の結果から。

(演劇部門)
作品賞:「ウォー・ホース」
リバイバル賞:「ノーマル・ハート」
主演男優賞:マーク・ライランス(「エルサレム」)
主演女優賞:フランシス・マクドーマンド(「グッド・ピープル」)
助演男優賞:ジョン・ベンジャミン・ヒッキー(「ノーマル・ハート」)
助演女優賞:エレン・バーキン(「ノーマル・ハート」)
演出賞:マリアンヌ・エリオット/トム・モーリス(「ウォー・ホース」)

(ミュージカル部門)
作品賞:「ブック・オブ・モルモン」
リバイバル賞:「エニシング・ゴーズ」
主演男優賞:ノーバート・レオ・ブッツ(「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」)
主演女優賞:サットン・フォスター(「エニシング・ゴーズ」)
助演男優賞:ジョン・ラロクエット(「ハウ・トゥー・サクシード」)
助演女優賞:ニッキー・M・ジェームズ(「ブック・オブ・モルモン」)
演出賞:ケーシー・ニコロー/トレイ・パーカー(「ブック・オブ・モルモン」)

司会はニール・パトリック・ハリス。かつての「天才少年ドギー・ハウザー」も結構老けましたな(笑)。途中、同じくエンターテイナー人材のヒュー・ジャックマンとの掛け合いが会場の笑いを誘っていましたが、同時通訳はジョークに弱いんですよね(笑)。ジョーク部分は完全字幕版(6月18日(土)午後3:00~5:30)でじっくり見ることにします。

トニー賞は授賞式自体が楽しいショーのようなものですが、中でも盛り上がるのはミュージカル部門の生パフォーマンス。リバイバル部門でノミネートされていた「ハウ・トゥ・サクシード 努力しないで出世する方法」ではダニエル・ラドクリフくんも熱演していました。何でも「ハリーポッター」の撮影の合間にも、歌やダンスのレッスンをしていたとかで、やっぱりショービズ界では努力しないと出世できない?。作品賞を獲った「ブック・オブ・モルモン」も面白そう。脚本は、過激アニメ「サウスパーク」でお馴染みのトレイ・パーカーとマット・ストーンが手がけているということで、内容はちょっとPTAには見せられない感じ?

c0029281_21373036.jpg

その他、演劇部門で5部門受賞した「ウォー・ホース」。舞台の馬(ハリボテ?人形?)の動きがすばらしいです。スピルバーグ監督による映画化も決定しているようですね。それから、中途半端にパフォーマンスが流れた「スパイダーマン」。トラブル続きで今年のノミネートには漏れたみたいですが、来年のトニー賞ではどうなっているかな?近年、ハリウッドの人気俳優がブロードウェイの舞台に立つ傾向が強いですが、今年も名優アル・パチーノが演劇部門(「ベニスの商人」)の主演男優賞にノミネートされていました(受賞せず)。

BSプレミアムではトニー賞に合わせたミュージカル特集が組まれていますが、明日21:00からは「RENT」のファイナル公演が放送されます!何度も観てるけど、きっとまた観てしまうんだろうなー(笑)。
[PR]
by bull_dong_kun_san | 2011-06-13 21:47 | 演劇・ミュージカル